体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本当にしあわせだと全く気にならない「7つのこと」

本当にしあわせだと全く気にならない「7つのこと」

 

「幸せ」って、自分ではなかなか確信を持てない感情だと思います。第三者の意見がきっかけで、「あ、これがしあわせなんだな」と気づくケースが多いのかもしれません。例えば、「Elite Daily」のAlani Vargasさんは、ここで紹介する7つのことが気にならない状態が「幸せ」なのだと言います。

 本当にしあわせだと全く気にならない「7つのこと」

 

誰にでも倦怠期ってあると思うんです。仕事もプライベートも楽しくない、そんな時期です。ただ、良いときも、悪いときも、波のようにやってきます。途端に何かがしっくりくることもあると思うんです。

ある瞬間から素敵な人に囲まれ、楽しい時間を過ごすことが増える、そんな風に。自分の人生に満足していれば、自然と自信に満ち溢れます。この状態にいるあなたから、誰も幸せを奪うことはできないでしょう

お金持ちじゃなくたって、ラグジュアリーな暮らしでなくたって、幸せを手に入れることはできます。その感じ方や手に入れ方は人それぞれですが、一度見つけてしまえば、嫌な思いもしなくなるのです。有害な関係から抜け出すこともできますし、ないものねだりばかりでなく、目の前にあるものに集中できるようになります。

心が満たされていれば、以前まで感じていた不安がどうでもよくなるでしょう。毎日を生きるのが、楽しくて仕方なくなるはずです。

クサいかもしれませんが、広い心を持って、自分が好きなことにフォーカスできれば、心は不思議と軽くなるのです。

01.
嫌味ったらしい共感コメント

本当にしあわせだと全く気にならない「7つのこと」 あなたの周りにいませんか?いつも一言多い人。そんな態度を取ってしまうのは、何かしらネガティブなことを言わないと気が済まないから。 ですが、あなたが幸せな気持ちに浸ってしまえば、そういうジャブは気にならなくなります。昔だったら気にしていたことにも、影響を受けなくなるでしょう。意地悪を言う人がいるかもしれませんが、そんなのは放っておけばいいのです(きっと彼らにはバチが当たります)。

02.
他人がSNSに投稿する
楽しそうな写真

 前は仲が良かった友だちや元恋人がSNSに投稿する、楽しそうな写真。 本当に幸せなときは、それに気持ちが揺さぶられることもありません。むしろ、彼らと離れて過ごせていることにほっとするでしょう。彼らと一緒にいる時は、自分に非があると思ってばかりでしたが、今は違うのです。そう実感できるだけでも心が軽くなったり。

 

03.
常に渇望していた、新しい「何か」

本当にしあわせだと全く気にならない「7つのこと」

 

「将来に備えて」という言い訳で、常に「新しい何か」を求めてしまうのは、現状に満足できていない証拠です。それができていれば、何かを求めることもないのです。

バカンスや転職に心躍らせることはあるものの、そればかりを考える日々とはさよならできるはず。目の前の日常に夢中になるのです。

 

04.
納得いかないことへのイライラ

自分の人生に納得していなければ、頻繁にイラついてしまうもの。八つ当たりをしたり、大事な人に嫌な態度をとってしまうこともあるでしょう。とにかく、何においてもすぐ苛立ってしまうのです。

ところが自分が幸せであれば心が寛容になります。

良い日もあればそうでもない日も。納得がいかないことばかりの日もあるでしょう。ですが、自分の人生に満足していると、小さなことには気を留めなくなるのです。

05.
「仲間はずれ」に対する恐怖心

本当にしあわせだと全く気にならない「7つのこと」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。