体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2018 #BBMAs】エド・シーランが<トップ・アーティスト賞>受賞、全受賞アーティスト&作品リスト

【2018 #BBMAs】エド・シーランが<トップ・アーティスト賞>受賞、全受賞アーティスト&作品リスト

 現地時間2018年5月20日、米ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナにて【2018 ビルボード・ミュージック・アワード】(BBMAs)が開催され、ケンドリック・ラマーとエド・シーランが最多となる6つの賞を受賞した。

授賞式写真(全15枚)

 アリアナ・グランデによる「ノー・ティアーズ・レフト・トゥ・クライ」のパフォーマンスでキックオフした授賞式では、その抜群の歌唱力で知られるクリスティーナ・アギレラ&デミ・ロヴァートがコラボ曲を初生披露し、カミラ・カベロとファレル、ショーン・メンデスとカリードなど、旬なアーティストたちによる豪華競演が行われた。司会を務めたケリー・クラークソンは「ホール・ロッタ・ウーマン」を披露し、そのチャーミングなMCで会場の空気を和ませた。

 ファン投票によって決定する<トップ・ソーシャル・アーティスト賞>は、昨年に引き続きBTS (防弾少年団)が受賞。K-POPグループとして同アワード史上初のパフォーマーとなった彼らは、リリースされたばかりのニュー・アルバム『LOVE YOURSELF 轉 “Tear”』から「Fake Love」を切れのあるダンスと息の合ったコンビネーションで披露し、大舞台での堂々としたパフォーマンスに会場は拍手喝采に。

 他にも、<アイコン賞>を受賞したジャネット・ジャクソンが大勢のダンサーとともに圧巻のパフォーマンスを行ったほか、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”のTOP40に初めてランクインした女性ラップ・グループのソルト・ン・ペパが、「プッシュ・イット」などヒット曲に加え、アン・ヴォーグととも「ホワッタ・マン」のこの日ならではコラボ・ステージで観客を魅了した。

◎【2018 ビルボード・ミュージック・アワード】受賞リスト
<トップ・アーティスト賞(Top Artist)>
エド・シーラン

<トップ・ニュー・アーティスト賞(Top New Artist)>
カリード

<ビルボード・チャート業績賞(Billboard Chart Achievement Award)>
カミラ・カベロ

<トップ男性アーティスト賞(Top Male Artist)>
エド・シーラン

<トップ女性アーティスト賞(Top Female Artist)>
テイラー・スウィフト

<トップ・デュオ/グループ賞(Top Duo/Group)>
イマジン・ドラゴンズ

<トップ Billboard 200 アーティスト賞(Top Billboard 200 Artist)>
ドレイク

<トップ Hot 100 アーティスト賞(Top Hot 100 Artist)>
エド・シーラン

<トップ・ストリーミング・ソング・アーティスト賞(Top Streaming Songs Artist)>
ケンドリック・ラマー

<トップ・ソング・セールス・アーティスト賞(Top Song Sales Artist)>
エド・シーラン

<トップ・ラジオ・ソング・アーティスト賞(Top Radio Songs Artist)>
エド・シーラン

<トップ・ソーシャル・アーティスト賞(Top Social Artist)>
BTS (防弾少年団)

<トップ・ツアー・アーティスト賞(Top Touring Artist)>
U2

<トップ・R&Bアーティスト賞(Top R&B Artist)>
ブルーノ・マーズ

<トップ・R&B男性アーティスト賞(Top R&B Male Artist)>
ブルーノ・マーズ

<トップ・R&B女性アーティスト賞(Top R&B Female Artist)>
SZA

<トップ・R&Bツアー賞(Top R&B Tour)>
ブルーノ・マーズ

<トップ・ラップ・アーティスト賞(Top Rap Artist)>
ケンドリック・ラマー

<トップ・ラップ・男性アーティスト賞(Top Rap Male Artist)>
ケンドリック・ラマー

<トップ・ラップ・女性アーティスト賞(Top Rap Female Artist)>
カーディ・B

<トップ・ラップ・ツアー賞(Top Rap Tour)>
ジェイ・Z

<トップ・カントリー・アーティスト賞(Top Country Artist)>
クリス・ステイプルトン

<トップ・カントリー・男性アーティスト賞(Top Country Male Artist)>
クリス・ステイプルトン

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。