体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フルHDカメラ搭載のドローン「Fairy Drone」は手のひらサイズ!

コンパクトでそれなりの撮影ができるドローンをお探しの方、クラウドファンディングサイトKickstarterで人気を集めている「Fairy Drone」は要チェックだ。

手のひらサイズながらフルHDカメラを搭載し、それでいて今なら出資額99ドル(約1万1000円)とお手ごろ設定となっている。

・たたむと電話サイズに

ドローンといえばかさばるイメージがあるが、Fairyはかなりコンパクト。ブレードをたたむとさらに小さくなり、なんと電話ほどのサイズになる。

つまり、ポケットに入れて持ち運べる。重量も140グラムなので、どこへお出かけするにも持ち歩き、気が向いたら撮影なんてことも可能になる。

・アプリで映像シェアも簡単

もちろん飛ばすからには、それなりの質の映像を撮りたい。その点、Fairyは1080pのフルHD撮影が可能だ。静止画は8MPとなっている。

状況が許せば、自動追跡機能を使っての撮影もいいだろう。ランニングや自転車、スケボー、スキーなどをするときに自分を撮影することができる。

Fairy専用アプリもあるので、これを使えば撮影したものをすぐに友達とシェアすることも可能だ。

Fairyの飛行時間は16分。もっと撮りたいという人は予備バッテリーを持っておくといい。本体にバッテリー1つのパッケージは99ドル、バッテリー2つのパッケージは119ドル(約1万3000円)となっている。

すでに資金調達の目標額を達成しているので、商品化はほぼ確実な情勢。出資は6月15日まで受け付け、7月にも発送される見込みだ。

Fairy/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。