体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アルバイトは退職届を出すべき?書き方と例文を紹介

アルバイトは退職届を出すべき?書き方と例文を紹介 アルバイト 退職届 書き方 例文

アルバイトを退職する際に、退職届は提出すべきだと思いますか?お世話になった職場を去るときは、できるだけ円満に、かつ失礼のないようにしたいのではないでしょうか。退職届は状況や職場によって必要であったり、必要でなかったりします。自身の現状や、勤めている職場に応じて正しい退職方法を理解したうえで、退職届の提出や書き方を考えるようにしましょう。

【目次】

1.アルバイトに退職届は必要なの?

2.退職届と退職願の違い

3.退職届を書くときに用意するもの

4.アルバイトの退職届の書き方と例文

5.退職届の提出方法は?

6.提出を求められたら速やかに

 

アルバイトに退職届は必要なの?

アルバイト 退職届 書き方 例文

アルバイトが退職する場合は基本的に退職届を提出する必要はありません。口頭で伝えるだけで大丈夫です。しかし、アルバイト先によっては、退職届が必要なところもあるので、事前に退職届が必要か聞いておきましょう。退職届を提出タするイミングも合わせて確認した方がよいでしょう。

まずは退職したいという意思表示をしてから、職場から要求された手順を踏みましょう。2週間~1カ月前には辞める意思を伝えておくと、シフトがスムーズに切り替えられ退職まで円滑に進みやすくなります。

 

退職届と退職願の違い

「退職届」と「退職願」には、意味合いや、撤回の可否など、言葉は似ていますが、持っている性質に違いがあります。

■「退職届」とは

「退職届」とは、働く側から一方的に提示するもので、強い退職の意思を表すものです。「退出届」は、一度提出したら原則として撤回することはできません。このような性質から、まだ退職の意思が固まっていない段階において、「退職届」は提出すべきでありません。「退職届」は、すでに退職するという意思疎通が会社側と取れており、退職が確定している場合に提出すべきものです。逆にいうと、会社に事前に退職する旨を伝えていない状態で、突然「退職届」を提出することは、失礼な行為と見なされるので注意しましょう。

■「退職願」とは

一方、「退職願」は退職する意思を表示するものであり、「退職届」のような強い拘束力はありません。撤回できない「退職届」とは違って、受理されるまでの間であれば撤回することが可能です。例えば、悩んでいた人間関係が急遽改善された場合や、周囲の説得などで考えを改めた場合などでも撤回できます。「退職願」は退職したいですという意思を表示し、会社側の反応や対応を待っている状態なので、「退職届」のような固い退職の意志表示をしたい場合には適しません。

 

退職届を書くときに用意するもの

アルバイト 退職届 書き方 例文

退職届は、手書きでの作成が主流ですが、最近ではパソコンで作成するケースもあります。会社から様式を指定される場合もあるので、書類を作成する前に、必ず書き方を確認しておきましょう。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。