体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バイト応募の電話が怖い…緊張しないための事前準備と電話トーク実例

バイト応募の電話が怖い…緊張しないための事前準備と電話トーク実例 バイト 電話 怖い 対策 バイト 電話 怖い 対策

バイトの応募電話はつい緊張して固くなってしまいますよね。電話に出る人がどのような人なのか、電話のやり取りの時点もチェックされているのかといったことが気になって不安になってしまう人もいるでしょう。電話での緊張を少しでも解消したいなら、事前に会話の準備をしておくことが大切です。そこで、バイト応募の電話をする際の準備事項や注意ポイント、具体的な電話トークの例をご紹介します。

【目次】

1.電話をする前に準備しておくこと

2.緊張する気持ちを和らげるには?

3.話すときに心がけるポイント

4.実践!電話応募のトーク実例

5.緊張しやすい人は事前準備を万全に

 

電話をする前に準備しておくこと

バイト 電話 怖い 対策

筆記用具とメモ帳を用意する

バイト応募の電話をかけるときには、前もって手元に筆記用具とメモ帳を用意しておきましょう。応募の方法や面接の予定など、覚えておかなければいけないことをメモするための大切な準備となります。用意したメモ帳には、これから電話で話す内容も事前にメモしておくと安心です。電話で話すことが苦手な人であれば、具体的なトーク内容をセリフ書きのように記載しておくのもよいでしょう。

事前に質問、確認事項を控えておく

また、応募をするにあたり、確認しておきたいことや疑問点がある場合には、それらもメモしておくようにします。たとえば、仕事の内容や勤務の開始時期、といった募集内容について求人広告を見てもわからないことについては整理してメモしておくと、慌てずに確認することができます。いざ電話したときにスムーズに話せるように、話す内容を声に出して練習しておくとよいでしょう。

電話をする時間、場所を確保する

電話をかける準備ができたら、いつ、どこで電話をするかを確認しておくことも大切です。電話をかける時間は求人広告に記載されている時間内に行うことが基本のマナーです。また、メモを取ることができ、お互いの声がしっかりと聞こえるような静かな場所で電話をかけると落ち着いて話がしやすくなります。

 

緊張する気持ちを和らげるには?

バイト 電話 怖い 対策

緊張はしてしまうものと考える

事前に準備を行い、万全に整えられた状態で電話をしても、やはり、いざ電話をかけるとなると緊張してしまうものですよね。無理に緊張を解かなければと思うと逆に意識しすぎて余計に緊張してしまうこともあります。緊張はしてしまうもの、という気持ちで肩の力を抜いて電話をするように心がけてみましょう。

腹式呼吸を意識する

また、腹式呼吸でリラックスするというのも、緊張を解消させるための対策となります。腹式呼吸を行う場合には、まず、口ですべての息を吐ききった後、鼻からゆっくりと息を大きく吸います。そして、そのまま10秒ほど息を止めたら、今度はゆっくりと息を吐き出すのです。これを何度か繰り返し行っていると気持ちが落ち着き、高いリラックス効果が期待できるようになります。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。