体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GAPが取り組むプロジェクト「デニムフライデー」、職場に起きた変化とは?

GAPが取り組むプロジェクト「デニムフライデー」、職場に起きた変化とは?
J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「RECRUIT THE WORK SHIFT」。今週は、カジュアルアパレルブランド「ギャップジャパン株式会社」の新しい働き方に注目。5月16日(水)のオンエアでは、GAPが社内、そして社外に向けて取り組んでいるプロジェクト「デニムフライデー」を紹介しました。

このプロジェクトは、社内の取り組みとともに、社外に向けて働き方改革のヒントとなった試みです。ギャップジャパン株式会社のバイスプレジデント、レスリー・アンダーソンさんは、「洋服はとてもパーソナルなのものであり、その人の表現手段の一つでもある」と語ります。

GAPの社内でも、廊下を歩けばさまざなスタイルで自己表現をする姿が見られ、これをさらに他の企業にも広げられないかとスタートしたのが「デニムフライデー」です。毎週金曜日に、デニムを取り入れたカジュアルなスタイルで通勤することで、よりリラックスした、働きやすい環境づくりを目指すというものです。

現在、およそ10の企業がこの理念に賛同して実践しています。実際に上司や同僚とのコミュニケーションが円滑になったり、着ている服からその人の隠れた魅力を引き出したりと、様々な効果があるようです。

「こういった改革は、一つの会社が行うということではなくて、さまざなな産業、多くの企業が一緒になって改革していくことが大切なんです。ベストな取り組みやアイデアをシェアして、それぞれの社員も率先して参加していくこと。その重要性を認識することで、よりよい仕事や効率を上げることができるようになるんですよ」とレスリーさんは言います。

GAPは、Be Fast「迅速に」、Be Fearless「恐れずに」、Be Better「常に上を目指し」、Be Bold「勇気を持って」、Be You「自分らしく」の5つの柱を自社の価値観として掲げています。

社員それぞれの個性を大事にしつつ、才能を最大限に活かした、より生産性の高い仕事ができるよう、柔軟性に溢れた職場環境を提案、実践しているようです。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時ー9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。