体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フレデリック高橋、加入して1年経った心境は「3人の背中を支えたい」

フレデリック高橋、加入して1年経った心境は「3人の背中を支えたい」
J-WAVEで放送中の番組『THE KINGS PLACE』(火曜担当ナビゲーター:フレデリック)。5月15日(火)のオンエアでは、ドラムの高橋が加入して1年! 現在の心境を語りました。

■高橋のコメントに「泣かせにかかってる…」

高橋:サポートでやってた期間もあるから、1年って言っても実感というのはそんなになかったりするんですけど。(中略)やっぱり僕があとから入ったっていうのもあるけど、ドラムっていうパートが性質上「他のメンバーを支える」ということがすごく大事な役割だと思っていて。そういう自分の役割みたいなのを再確認させてくれる加入だったな、というふうに思いました。

高橋がさらに「もう1回、改めて気を引き締めて、3人の背中を支えたいなと思いますので今後ともよろしくお願いします」と続けると、3人は「こちらも気が引き締まりますわ……」「泣かせにかかってる……」と少し感動している様子でした。

■友だちと話題が合わない…どうする?

リスナーからのメールにも答えました。

「友だちと話題が合いません。女子が好きな食べ物が苦手ですが、みんながその話題で盛り上がっているときに急に話を変えるのも変に思われるだろうし、かと言って正直に「嫌いだ」とも言えず、黙って話題が変わるのを待つしかありません。フレデリックの皆さんはこういうときどうしてますか?」

高橋:合わせたいってことだよね? 無理に合わせなくても、って思っちゃうけどそういうことじゃないんだろうね。
赤頭:そういうほう(回答)に行っちゃいがちだけどね、俺ら。
高橋:そうそうそう(笑)。肯定しがちだから。合わせたいってことで、どうしたらいいんだろうね……。
赤頭:すでにその人が好きなも嫌いなものとかあるやんか。だから、まだ誰も触ってない(話題になってない)共通の何かを作る!
3人:おお……
赤頭:たとえば、潮干狩りに両方行ったことがない、「じゃあ行こう」みたいな。
高橋:まだ好きか嫌いか決まってないものをね。
健司:それはいいことかもね。その人たちにとっての好きなものが決まるってことやな。
康司:めっちゃいいやん!

赤頭の思いがけない素敵な回答に驚く3人。その空気を察知してか、リスナーに向けても「ただギャグ言ってるだけじゃないんやぞ!」と言っていました。

そして高橋からは「好きじゃないものはそう言って、どこが好きなのかを聞くと盛り上がる」という意見も。「いい夜ですね……」と自分たちの回答に酔うフレデリックでした。

この日の放送では健司・高橋とsumikaのボーカル片岡健太さん・キーボード小川貴之さんによる『KINGS MEETING』の続きもオンエア! ライブハウスでのライブと、アリーナでのライブの違いを真剣に話していました。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「THE KINGS PLACE」

放送日時:月・火・水・木曜 25時ー26時

オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。