体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「犯人は……」ファミコンカセットで描かれたドット絵が壮大!

「犯人は……」ファミコンカセットで描かれたドット絵が壮大!

 任天堂から「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(通称:ファミコンミニ)」の再販が発表され、「次のミニハードは何か」と盛り上がるなどゲーム好き界隈ではレトロゲームがブームですが、そのファミコンのカセット(ファミカセ)を使ったアート作品が見事と話題になっています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 この作品、3年ほど前からファミカセで「ファミコンアート」を作っているさくらさんが制作されたもの。今までにも幾つものファミコンアートをゲーム名と共に紹介していますが、今回は作品の写真と「ファミコンアート 犯人」のハッシュタグだけ。

#ファミコンアート#犯人 pic.twitter.com/UMAqInqygV

— さくら (@hullzion) May 20, 2018

 そしてその写真……あー。ファミコンネタとしては鉄板のアレです、アレ。ファミコン版「ポートピア連続殺人事件」の犯人。この犯人、実はプレイヤーの助手を務めている人物なんですが、古くからのゲームファンなら誰でも知っていると言えるくらいに鉄板ネタ。

 「犯人はヤス」

 さくらさんが、あえてゲーム名もキャラクター名も伏せて出していたのは……ある意味ネタばれになるからなんですね。今更感も壮大ですが。

 さくらさんが所有しているファミカセは全部で2200本ほど。この犯人のドット絵に使われているのはそのうちの844本。平置きしている部分と縦置きしている部分があり、立体感も出しています。同じファミカセで色を統一している辺りも芸が細かいです。一番多く使われているのは赤い色の「燃えプロ」こと「燃えろ!!プロ野球」(ジャレコ・1987年)だそうで、これだけで86本もあるとの事。写真を拡大してみると、懐かしいタイトルがずらり。思わず「これやった、持ってた!懐かしい~!!」と声が出てしまいました。

 制作時間は並べるだけであれば2時間ほどだそうですが、元になるキャラクターをドット絵に打ち直して下絵を作るのに3時間ほど費やされているという事。正味5時間かけて作られています。

 さくらさんが制作されたファミコンアート、他にも懐かしいキャラクターも盛りだくさん。

 シルバニアファミリーのおうちまでファミカセで建造するなんて……どうかしてる(誉め言葉)。

 ファミカセで再現されたテトリスも「どうしてこれをやろうと思ったの!?(誉め言葉)」ってくらいにすごいですよ。

 他にも力作がたくさん。気になった人は「ファミコンアート」でぜひ検索してみて下さいね。

黒白黄の3色のみで695本は不可能だと思ってましたが何とか出来ました!(白が足りなくて少し灰色使いましたが…)
人間やれば何でもできる!なめんなよーっ!(๑˃̵ᴗ˂̵)#くにおくん#ファミコンアート pic.twitter.com/5mpXcinkMn

— さくら (@hullzion) March 11, 2018

<記事化協力>
さくらさん(@hullzion )

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

異世界感がものすごいタイ仏像の姿がアメージング!!
小倉競馬場の顔出しパネルが発想の勝利?ナニかが、ウマれそう……
「その子、おじさんの子?」不審者疑い声をかけた小学男子に称賛の声!服装、大事!!

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。