体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気配信サービス「SHOWROOM」代表・前田裕二が語る「リーダーの定義」とは?

人気配信サービス「SHOWROOM」代表・前田裕二が語る「リーダーの定義」とは?
J-WAVEで放送中の番組『INNOVATION WORLD』(ナビゲーター:川田十夢)。5 月18日(金)のオンエアでは、アイドルやアーティストのライブ動画ストリーミングプラットホームを運営するSHOWROOM株式会社代表・前田裕二さんをゲストに招き、「動画配信」のイノベーションについて話を伺いました。

■原点に立ち返ることができる曲

川田から気分を上げるときに聴く「INNOVATION SONG」を訊かれ、美空ひばりさんの『川の流れのように』と答える前田さん。母が美空さんの大ファンで、リビングでいつも美空さんの映像を見て泣いていた記憶があると言います。そのことから、前田さんの中で『川の流れのように』は、母とのリンクであり、「原点に立ち返ることができる曲」であると言います。

また、作詞者である秋元 康さんの「ヒットは狙って作れるけれど、スタンダードは狙えない」という言葉が印象に残っていると話します。

前田さんによると、秋元さんは「『恋するフォーチュンクッキー』(AKB48)はキノコみたいなもので、『この湿度と温度でこれくらいの期間を置いておけばヒュッと生えてくる』みたいな、もうフォーミュラ(定式)がある。でもスタンダードってフォーミュラがない」と言っていたそうです。

■優れたリーダーとは…

前田:「優れたリーダーの定義」というのは、自分の稼働を越えたもの。それこそiPhoneとかそうですよね。作った人は死んでいるのに、死後も影響を与え続けてるって、すごいイノベーションというか、リーダーシップだと思っています。そういった「スタンダードな何か」を作ることによって、社会に対して自分の手を超えて影響を与え続けるようなイノベーションを起こしたいと思っています。その象徴が『川の流れのように』です。

これらの話を聞いて、今一度『川の流れのように』を聴くと、また違った印象を受けるかもしれません。番組では他にも、バーチャルによる配信、スマートフォンによる動画配信の未来などについて話してくれました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『INNOVATION WORLD』
放送日時:金曜 22時−22時55分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/innovationworld/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。