体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鬼才ラース・フォン・トリアー監督の新作がカンヌで上映!残忍なシーンに退席者が続出するもスタンディングオベーションが起こる

鬼才ラース・フォン・トリアー監督の新作がカンヌで上映!残忍なシーンに退席者が続出するもスタンディングオベーションが起こる

ラース・フォン・トリアー監督と言えば、”物議を醸す”がもはや名前の一部であるかのような人物で、インターネット上で「troll(荒らし、釣り)」というスラングがまだ知名度を得ていない頃から観客を釣り、煽ってきた。

デンマークの映画監督であるトリアー監督は、『ドッグヴィル』、『アンチクライスト』、『奇跡の海』、『ヨーロッパ』、『メランコリア』、『ニンフォマニアック』など、インパクトのある作品を数多く出掛けてきた。

そんなトリアー監督は、カンヌ国際映画祭において先日行われた新作『The House That Jack Built』(原題)の上映会で、望み通りの観客の反応を再び得たようだ。退席者が続出する一方で、映画が終わると6分間のスタンディングオベーションが起こったのだ。

トリアー監督が脚本も務めたこの新作は、マット・ディロンを主役に迎え、殺人を精巧なアートと見なす米国の連続殺人犯ジャックを描く。生々しい殺人シーンが何度も出てくるが、100名以上が映画の途中で退席したと報じられている。

(※ネタバレ注意:どうやら退場者が1番多く出たシーンは、ジャックが狩猟用ライフルで幼い子供2人の頭を吹き飛ばすシーンだったようだ)

以下、観客の感想の一部をご紹介しよう。

Just left Lars Von Trier’s The House that Jack Built.
Gross. Pretentious. Vomitive. Torturous. Pathetic. #Cannes2018
– The Oscar Predictor (@OscarPredictor) 2018年5月14日

「ラース・フォン・トリアー監督の『The House That Jack Built』を観てきた。気色悪い。見せかけ。吐きそう。拷問。哀れ」

Walked out on LarsvonTrier . Vile movie. Should not have been made. Actors culpable
– Showbiz 411 (@showbiz411) 2018年5月14日

「ラース・フォン・トリアーの作品から退席した。不快な映画。製作されるべきじゃなかった。俳優も同罪だ」

I’ve just walked out of #LarsVonTrier premiere at #Cannes2018 because seeing children being shot and killed is not art or entertainment
– Charlie Angela (@CharlieAJ) 2018年5月14日

「ラース・フォン・トリアー作品のプレミアから退場した。子供が射殺されるシーンを観ることが芸術や娯楽だとは思えない」

Nevertheless, #Cannes2018 still gives Lars von Trier a standing ovation after ‘The House That Jack Built.’ As someone sitting near me put it: “They’ll clap for anything.” pic.twitter.com/xa6Hi0t23r
– Ramin Setoodeh (@RaminSetoodeh) 2018年5月14日

「それでも、カンヌの観客はラース・フォン・トリアーの『The House That Jack Built』にスタンディングオベーションを捧げた。僕の近くに座っていた誰かが『彼らは誰にでも拍手するんだ』って言ってたけどね」

多くの観客が手厳しい感想をツイートしたが、これがかえってこの映画に対する人々の興味を引くことになった。そもそも、議論を呼ぶ忌まわしい映画に人は魅力を感じるものだからだ。以下の予告編をぜひ、ご覧いただきたい。

ユマ・サーマンや、エルヴィス・プレスリーの孫ライリー・キーオも出演する『The House That Jack Built』は、トリアー監督の出身地であるデンマークで、今年の11月29日に公開される予定だ(日本での公開は未定)。

■参照リンク
https://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

映画『バッドボーイズ』第3弾が再始動!2020年1月に全米公開へ
トム・クルーズによる目を見張るスタントが盛り沢山!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』最新予告編が公開
迷子の子犬が警察に届けられる→実は野生のコヨーテだったことが判明
米国のトーク番組にデッドプールが突如登場!?
『スーパーマン』でヒロイン役を演じたマーゴット・キダー、69歳で死去

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。