体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゼンハイザー、運動しながら音楽を楽しむ人のためのイヤホン「CX Sport」を6月発売

音質に定評のあるドイツのイヤホンメーカー、ゼンハイザーは運動時の使用に最適なBluetooth対応カナル型イヤホン「CX Sport」を6月に発売すると発表した。

水しぶきや汗に耐久性があるのが最大の特徴。価格は129.99ドル(約1万4000円)を予定している。

・夜間も目立つ黄色

CX Sportはゼンハイザーの既存製品CX 6.00BTとそっくりだ。首の後ろにケーブルをたらすデザインで、3つのボタンを搭載したリモートが付いている。

しかし、CX Sportはリモート部分とスタビライザーが蛍光に近い明るい黄色。これはおそらく、夜間のジョギングなどを想定し、あえて目立つようにしているのだろう。

・汗は故障の原因

最大の特徴はなんといっても防水機能を搭載し、汗にも強いことだ。突然雨に降られたり、汗をびっしょりかいたりすると、故障の原因になる。

スポーツをする人の中には使い始めてほどなくしてイヤホンをダメにしてしまった経験がある人もいるだろう。その点、CX Sportは安心して使える。

連続使用時間は6時間。Bluetooth AptXをサポートしていて、高音質なサウンドを途切れることなく楽しめる。

値段はCX 6.00BTの99.99ドル(約1万1000円)よりお高いが、長く使うという視点にたてばコスパ的には悪くなさそうだ。

Sennheiser

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。