体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ラブリ】やりたいことがあれば、一人旅の抵抗はなくなる

【ラブリ】やりたいことがあれば、一人旅の抵抗はなくなる

忙しいときほど、立ち止まるようにしている。いま一番楽しいと思っていることは何か?と自分に問いかけると、やりたいことが発見できるから。

その後は、ただ目標に向かうだけ。いつのまにかネガティブな感情は消えている。

心の底からやりたいことは
旅先でも絶対にやる

【ラブリ】やりたいことがあれば、一人旅の抵抗はなくなる© 2018 Koki Yamasaki

これまで4回にわたって公開している、ファッションモデルのラブリさんとTABI LABO代表の久志尚太郎の対談シリーズ『いま、僕らが“旅”と言っているもの」。

第5回は「ひとり旅の目的」をテーマにお届けする。

【ラブリ】やりたいことがあれば、一人旅の抵抗はなくなる【ラブリ】いま、僕らが“旅”と言っているもの vol.4

スケジュールは詰めずに
余裕をもたせる

久志 ラブリちゃんはひとり旅もするよね?

ラブリ うん。遠くても行くし、近場でもひとりでの行動は好きだよ。まったく抵抗はないかな。

久志 なぜ、ひとりで行こうと思うの?

ラブリ 美味しいカレー屋さんがあるらしいとか聞いたら食べてみようってなる。もちろん、友達を誘うこともあるけどね。

仕事で地方に行くなら、喫茶店にはよく行ってるよ。調べて、老舗の喫茶店があるとわかったら、タクシーに乗ってでも行くかな。

だいたいは目的があるの。いっぱいではなくて、ひとつだけのね。

久志 やりたいことが明確なんだね。これがやりたい。だからあそこに行く、みたいに。

ラブリ 海外でも計画は詰めない。食べたい、聞きたい、見たい。いつも、目的は内側にあるの。

久志 うん、わかる。誰かに言われた、これは経験しておけってことは絶対に体感しておきたい。

一方で、僕にはもうひとつ大事なことがあって、何もしないでフラフラ歩く。誰にも何も聞かずに、ただ自分の感覚にまかせて、出会うものを求める。

ラブリ そう考えると、たしかに両方をやってるかも。私も何も考えず歩くこともある。

久志 話が戻ってしまうけど、さっきの喫茶店はどうやって調べるの?

ラブリ まずはGoogle検索。そこからは、もっと細かく調べ始めるよ。

久志 誰がどういう風に評価しているかとか?

ラブリ そう。「喫茶店 老舗 コーヒー 落ち着く」まで調べるの。そうするとコアな情報がたくさん出てくるからね。

To be continued…

vol.1 制約から解放された結果、遊び方が増えた「旅」vol.2 場所よりも大切な要素とは何かvol.3 自分の知らないものを自分が見れている幸福感vol.4 心の躍動をイマジネーションするvol.5 やりたいことは決めておくか、その場で発見vol.6 何も得られない瞬間もあるvol.7 「非日常」の始まり

関連記事リンク(外部サイト)

【ラブリ】場所ではなく、旅は「誰と何をするか」が大切
【ラブリ】自分に耳をすませば、毎日が旅になる
【ラブリ】海外旅行が当たり前になったいま、改めて「旅」ってなに?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。