体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ロックの日”にゴキゲンなロック(錠)を紹介するぜ 君も明日から屈強なロッカーだ!

レジャースポットで実用的なパーソナルセーフ

dsc_0536

旅行や海水浴、キャンプ場などで活躍するのが、239mm×131mm×57mmのコンパクトな貴重品保管庫『ポータブルパーソナルセーフ』

dsc_0532

4桁の暗証番号を自由に設定でき、衝撃から中身を守るショック吸収と耐水性に優れた仕様。

dsc_0379 dsc_0519

丈夫なケーブルで様々な場所に括り付けることができ、紛失や盗難を防ぎます。金庫がないホテルの部屋でも役立ちそう。

dsc_0544 dsc_0553

4桁のダイヤルを自由に設定できる『ダイヤル式キーセーフ』は、5本程度の鍵を収納することが可能。

dsc_0301 dsc_0290

家族間の鍵の受け渡しといった用途の他、完全に手ぶらで楽しみたいサーフィンなどのアウトドアでも大活躍。クルマの鍵を安全に保管しておくために買い求めるユーザーも多いのだとか。

機能性もビジュアルも文句なしのカフロック

dsc_0557

イカつい見た目の『カフロック』は、バールやジャッキによる破壊、ボルトカッターによる切断にも耐える頑丈なつくりが特徴。

dsc_0429 dsc_0327

愛用のバイクや自転車を盗難被害から守ります。

dsc_0352

マンションの玄関先にベビーカーを置いている人なども活用できそうです。見た目のインパクトが強烈なので、視覚から防犯意識の高さをアピールできるはず。

1924年に世界初のラミネートスチール構造のパドロックを開発した米マスターロック社は、「脱出王」の異名をもつ奇術師フーディーニが、手錠から脱出できなくなった際に助けを求めに来たという逸話も。その後ヨーロッパやアジアにも拠点をもつグローバル企業へと成長し、その技術は米軍にも採用されるほどの実績を上げています。

セキュリティ用品をブランドで選ぶ人はなかなかのツウかと思いますが、もし量販店などで見かけたらしっかりロックオンしちゃってくださいね!

マスターロックジャパン公式サイト:
https://padlock-masterlock.jp/

前のページ 1 2
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。