体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

私がつわりで苦しんでいる間もゲーム三昧な夫に、家事や育児を手伝わせる方法とは

f:id:akasuguope01:20180314194348j:plain

私の旦那は子どもが大好きです。

結婚前、仕事の都合で私の実家の近所に引っ越して来た時、初めてできた友達が近所の小学生と幼稚園の姉弟(笑)。子どもたちと楽しそうに遊ぶ姿を見て、いつかこの人と結婚して子どもを産みたいと強く思うようになりました。

その後、結婚して2年弱かかりましたが、待望の第1子を妊娠。

両親、義両親共に初孫でもあり、家族揃って妊娠を喜んでくれました。妊娠初期は匂いづわりと偏頭痛がひどく、仕事は休みがちで家事もままならない状態でした。

正直、妊娠中のつわりをナメすぎていた私。まさかこんなに自分が動けなくなるとは思ってもみませんでした。

そんな時きっと同じように出産を心待ちにしている旦那はさぞかし私をサポートしてくれるのだろうと、動けない今だけでも思いっきり頼らせてもらおうと考えていました。

しかし当の旦那はというと、仕事から帰ってくるとケータイアプリのゲーム三昧。洗剤や食材の匂いがダメだったのでお願いした食器洗いやお風呂掃除は「後でやるから~」で全て後回し。私が気持ち悪くてトイレにこもっていても、頭痛がひどくて横になっていても、ひたすらゲームゲームゲーム!ほぼ毎日のようにやっていました。

そのゲームの内容も私が一緒に楽しめるものならまだしも、1人でひたすら打ち込むタイプのもの。

さすがに私も頭にきて「なんでそんなにゲームゲームゲームなの!?」と激怒。それに対して「体調が悪くても僕は何もしてあげられないから」、「子供が産まれたらできなくなるから」と、旦那。くやしくてたまりません。 関連記事:大後悔!出産する前に「育てておくべき」ものとは

そうしたらこんな気持ちがこみあげてきたのです。

「私はすでに妊娠して体調を崩してできなくなったことがたくさんあるのに!」

「お腹にいる赤ちゃんの命を繋いでいくことに毎日が不安で不安で仕方ないのに!」

「パパはあなたなのに! 今までと何も変わらない生活でいいよな!」と、私は号泣しながら言い放ちました。

つわりで辛かったこともあり、マタニティーブルーのような状態だったのかもしれません。それを聞いた旦那は「ごめん…」とひとことだけ言って、とうとうゲームをやめました。

それから少し反省したのか、ゲームの頻度はだいぶ減ったのです。さらに自主的に洗濯したり、食べられそうなものを作ってくれることもありました。

そして無事に出産を終え、元気に生まれてきてくれた娘。

旦那も娘が可愛くて可愛くて仕方がないようで、授乳以外のことは全て一緒にやってくれました。あれだけ好きだったゲームもほとんどやらなくなり、たまにケータイのアプリをいじっているくらい。あー、本当に出産したらパパになるんだな、と感心していていました…が、それもつかの間の話でした(笑)。

娘が1歳になろうとしている頃、旦那、突然ゲームを買ってきたのです。

自分のお小遣いの範囲ならば好きなようにどうぞですが、それでは足りないとまさかの家庭のお金から出すことに!「今後お小遣いを減らしてくれて構わないです」と勝手に決めてきました。

確かに毎日遅くまで仕事を頑張ってくれていることは感謝しています。旦那が働いてくれているから生活が成り立っていることも重々承知しています。

でも聞いてください。

私、この時点で2人目の妊娠が既にわかっていたんです。それは旦那も強く望んでいたこと。これからまた出産でお金がかかることもわかっています。

そして、大事な大事な愛娘の誕生日までもう1ヶ月をきっています。家族で泊まりで出かけることはずいぶん前から決まっていたし、その出費がかさむこともわかっているはず。

なのに今、またゲーム?もう怒りがこみ上げてきて爆発寸前でした。

旦那と即話し合い。怒りをそのままにぶつけました。

そして今回の件は自分の考えが浅はかだったと旦那は反省し、ゲームをする上の約束を取り決めました。

1.土日はゲームをやらないこと

2.土日は娘と全力で遊び、お世話をすること

3.土日はママも昼寝をしたり1人の時間を作っていいこと

4.夜中ゲームをしているときも寝室の様子をちゃんと見にくること

その他にも積極的に家事育児に取り組むことを旦那自ら約束しました。

実際に約束は守られているし、娘もパパが大好きなのでたくさん遊んでもらえて嬉しそうです。

私もつわりで台所に立てないことが多いので、料理や離乳食のストック作りに協力してくれて助かっています。

旦那も夜自分好きなことができるのが嬉しいらしく、家事と育児を積極的に頑張ってくれています。 関連記事:妻の妊娠。何もできない僕だけど「色々とありがとう」の言葉が嬉しかった

一時はゲーム三昧の旦那に怒り心頭でしたが、これからも夫婦で協力し合い、時にぶつかり合い、話し合って、問題を解決していけたらいいなと思います。

f:id:akasuguope01:20180314194428j:plain

著者:すずこ

年齢:27歳

子どもの年齢:1歳0ヶ月

1歳の娘を育てる新米ママです! 両親は共働き、義両親は介護のためなかなか頼れず、夫は娘が寝てからの帰宅。土日以外は絶賛ワンオペ育児奮闘中です! 近所に住む娘と月齢が近いお友達や心強いママ友たちのおかげで、毎日何とか頑張れています! 現在第2子妊娠中!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

私みたいな未熟者が母親になれるはずない…。打ち明けてわかった意外な夫の未来予想図 by はちや
大後悔!出産する前に「育てておくべき」ものとは
3人目ゆえに妊娠生活に慣れすぎてしまっていた。無関心に見える夫と話し合った結果…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。