体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アートを通じて現代社会の問題を皮肉とユーモアたっぷりに描く話題作

1805201

『フレンチアルプスで起きたこと』で注目されたリューベン・オストルンド監督作で、第70回カンヌ映画祭の最高賞・パルムドールを受賞した映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』が公開中。

現代美術館のキュレーターを務めるクリスティアン。彼は次の展覧会で、すべての人が平等の権利を持ち、公平に扱われるという”思いやりの聖域”をテーマにした参加型アート「ザ・スクエア」を展示すると発表する。やり手のPR会社の提案で、作品のコンセプトと真逆のメッセージを流し、わざと炎上させて、情報を拡散させるという手法を取ると、その目論見は見事に成功。しかし、世間の怒りはクリスティアンの予想をはるかに超え、皮肉なことに「ザ・スクエア」が彼の社会的地位を脅かす存在となっていく――。

アート界を舞台に、格差や差別といった現代社会の問題をあぶり出した悲喜劇。観客の”心”も試される問題作!

ザ・スクエア 思いやりの聖域
監督・脚本:リューベン・オストルンド
出演:クレス・バング、エリザベス・モス、ドミニク・ウェスト、テリー・ノタリー ほか
(2017年/スウェーデン・ドイツ・フランス・デンマーク合作)
公開中
© 2017 Plattform Produktion AB / Société Parisienne de Production / Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS
http://www.transformer.co.jp/m/thesquare/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。