体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

磯光雄監督、11年ぶりの新作「地球外少年少女」を発表 キャラクターデザインは吉田健一に決定

磯光雄監督、11年ぶりの新作「地球外少年少女」を発表 キャラクターデザインは吉田健一に決定

 テレビアニメ「電脳コイル」(2007年)で原作・監督を務め、同作で<2007年文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞><第29回日本SF大賞受賞作品>など数多く受賞した、磯光雄監督の最新オリジナルアニメ「地球外少年少女」の構想が発表された。磯監督は本作で、監督の他、原作、脚本も手がける。

  キャラクターデザインは、TVアニメ「交響詩篇エウレカセブン」シリーズやTVアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」でキャラクターデザインを務めた吉田健一に決定。吉田健一描き下ろしのコンセプトビジュアルも解禁された。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「地球外少年少女」は、磯監督のオリジナル原作となり、AIやインターネット、SNSが普及する、2045年の宇宙を舞台にした物語。”スマート”と呼ばれる携帯端末や、人型ロボット、ドローンなど、磯監督が想像する近未来の宇宙を詰め込んだ作品となっている。そんな宇宙空間にオープンする日本製の商業ステーションで大規模な事故が発生。ステーションに取り残され、数々の危機を乗り切る子供たちの姿が描かれる。
 
 本作の発表にあたり磯監督は「宇宙を舞台にしたアニメをあまり見かけなくなり、自分で作ってしまおうと思いました。宇宙はすでにSFに登場する遠いイメージではなく、実際に行ける場所になりつつある。そんな環境に投げ込まれた少年たちが体験する冒険を、実際に行ってみてきたような感覚で描いてみたい。」と、宇宙に対する思いや、本作への意気込みをコメントしている。

 今回解禁となったコンセプトビジュアルは、吉田健一の描き下ろしによるもので、宇宙空間に投げ出され、不安とも焦りとも取れない表情を浮かべる少年と、爆発する宇宙ステーションが描かれている。

 また、アニメーション制作は映画「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」や「CYBORG009 CALL OF JUSTICE 」など、デジタル作画に特化したアニメスタジオ、SIGNAL.MDが担当。他には、本作のあらすじが発表されている。

<タイトル>
オリジナルアニメ「地球外少年少女」

<スタッフ>
原作/監督/脚本:磯 光雄     
キャラクターデザイン:吉田健一
制作:SIGNAL.MD

<あらすじ>
2045年、インターネットとAIが普及した宇宙空間。
日本の商業ステーションにやってくる少年少女たちは、発生する大規模な宇宙事故に遭遇し、ステーションに子供たちだけで取り残される。もう大人の救援は期待できない!
彼らの命綱は、辛うじて生き残ったナローバンドと、SNS、フリーアプリの低知能AIやスマホで操作できるドローンなど。
これらを駆使し、中学生たちはピンチを乗り切り生き残る事が出来るのか!?

(C)MITSUO ISO/avex pictures 2014
情報提供:エイベックス・ピクチャーズ株式会社

関連記事リンク(外部サイト)

「新世紀エヴァンゲリオン」不朽の名曲 ダブルA面マキシシングルの新規描き下ろしジャケット公開
USJ「エヴァンゲリオン XRライド」が復活 待ち時間を有効活用できるゲームアプリも配信へ
言葉を慎みたまえ!君はラピュタ王の前にいるのだ……「ムスカ」がジブリ作品初のアクションフィギュアとして商品化

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。