体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

200年前の服を体感できる「半・分解展」、東京名古屋で開催

1805205

フリーランスのモデリスト、長谷川彰良による「半・分解展」が2都市で開催される。渋谷のギャラリー大和田にて、5月23日から28日まで、名古屋のギャラリー矢田にて、6月12日から17日まで。

本展では、フランス革命から第二次世界大戦までの服を半分に分解した「衣服標本」を展示する。

「体感」をテーマに、直接展示物に触れて100年〜200年前の服の内部構造やパターン設計を知ることができる。つなぎにもなる第二次世界大戦のイギリス軍のコート「ストームコート」や、フランス革命で市民が着用した「カルマニョール」などを公開するほか、初日には今回の展示物の中で最も古い「アビ」の分解パフォーマンスが行われる。また、分解したパーツからパターンを抜き取り制作した「試着サンプル」が展示され、全て実際に着ることができる。

会期中には、両会場でトークショーも開催。「体感するファッション史 〜半・分解展の現在〜」と題して、ゲストに服飾史家と中野香織を迎える。

半・分解展
入場料:一般2,000円/学生1,500円
再入場無料、中学生以下無料、20名以上の団体割引(予約制)

東京 渋谷
会場:ギャラリー大和田
住所:東京都渋谷区桜丘町23-21 2F
会期:5月23日(水)〜5月28日(月)
時間:10:00〜21:00(初日 15:00〜21:00、最終日 10:00〜17:00)

愛知 名古屋
会場:ギャラリー矢田
住所:愛知県名古屋市東区大幸南1丁目1−1−10 カルポート東 4F 第一展示室
会期:6月12日(火)〜6月17日(日)
時間:10:00〜19:00(最終日 10:00〜17:00)

■トークショー 「体感するファッション史 〜半・分解展の現在〜」
ゲスト:服飾史家 中野香織
聴講料:2,000円
東京日時:5月26日(土)14:00〜15:30(受付け開始 13:30)
東京会場:文化ファッションインキュベーション 10階(展示会場同ビル10階)
愛知日時:6月17日(日)13:00〜14:30(受付け開始 12:30)
愛知会場:展示会場隣 イベントスペース

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。