体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィリピン留学を迷っている皆さんへ!17人の経験者からアドバイス

フィリピン留学を迷っている皆さんへ!17人の経験者からアドバイス

旅の情報収集は、行きたい国に行ったことのある人に聞くのが一番手っ取り早いですよね。留学も同様で、実際に行った人に「良かったよ!行った方がいい!」と言われると説得力があります。

ということで今回は、フィリピン留学の経験がある17人に、これからフィリピン留学に行こうとしている人へアドバイスをもらいました。

*編集部追記
2015年12月の記事に、2017年-2018年の情報を新たに追加しました(2018年5月)

 

前田塁のフィリピン留学のアドバイス

フィリピン留学を迷っている皆さんへ!17人の経験者からアドバイス

ルイス前田

世界一周中に出会った友人と旅人を増やす会社を起業して4期目。40ヶ国訪問、世界二周して、ワークライフカオスに生きてます。Webメディアの運用と開発が得意な賢者型編集長で、次の夢は宇宙飛行士です。フィリピン留学は2017年の4月から6月までNexSeedでエンジニアコースを受講していました。

 

フィリピン留学を充実させるためには、事前準備が一番大切です。貴重な留学期間で急成長するために、日本でできることは済ませておきましょう。フィリピン留学のメリットは英語ネイティブとのマンツーマンレッスンなので、基礎的な文法や単語でレッスン時間を使うのはもったいないです。

また、初めの1ヶ月は留学生活やフィリピンに慣れようとしている間に過ぎていきます。僕の場合は2ヶ月目からようやく留学に集中できたので、少なくとも2ヶ月、できれば3ヶ月は留学期間を確保しましょう。

ちなみに、フィリピン留学中に週末を使って旅行をしたい方には、セブ島北部のビーチが超美しい「マラパスクア島」、セブ島東部のサーフィンの島「シャルガオ島」、セブ南部の黒魔術士の島「シキホール島」の3島がオススメです。

 

嵯城大輝のフィリピン留学のアドバイス

フィリピン留学を迷っている皆さんへ!17人の経験者からアドバイス

嵯城大輝

2017年3月にロサンゼルスの親戚の家に滞在したことをきっかけに世界の仕事の仕方に興味を持つ。世界一周という選択肢が浮上し、翌月からの世界一周ゼミ第6期に参加。1年間かけて親を説得し、2018年3月より世界一周に出発。フィリピン留学は2018年3月から4月にかけて5週間いました。

 

重要なこととして事前準備があげられます。フィリピン留学の費用は欧米と比べると断然安いですが、決して少額ではないと思います。(特に私と同じ学生は。)

ですので机でできる学習はできるだけ減らすべきだと思います。フィリピンで基礎文法などを教わっていると「これはお金をかけずとも日本でできるのでは・・・」という思考になります。

 

もう一つは主体的になるということです。英語に集中できる空間を使い倒すくらいの気持ちでどんどん積極的に動いていくと高い学習効果を期待できるのではないでしょうか。

具体的には先生に会話内の単語の難易度や宿題の出し方など細かく要望を出すといいと思います。私は細かく要望を伝えたことで目的に沿った授業に近づけることができました。

 

小林由知のフィリピン留学のアドバイス

フィリピン留学を迷っている皆さんへ!17人の経験者からアドバイス

小林由知

2018年1月から、世界一周しながら”くらしをつくる”をテーマにWebメディアlife of.を運営。『暮らしやすい働きやすい社会を作る』為の情報発信をしてます。 セブ島留学は、2017年10月〜12月の3ヶ月間で、Nexseedの「英語xプログラミング」コースに通っていました。

 

英語留学は、習得の目的によって留学する国を決めるのが、一番良いと思いますが、「英語に苦手意識の強い人」「安く留学したい人」「とにかく英語を話せるようになりたい人」そんな人にはオススメです!

1 2 3 4 5次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。