体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【機内食ルポ】成田〜オークランド「ニュージーランド航空」エコノミークラス〜ご飯の上の○○に驚き!〜

【機内食ルポ】成田〜オークランド「ニュージーランド航空」エコノミークラス

成田を夜出て朝からNZを満喫!

地図でニュージーランドを見てみれば、飛行機で南にずっと行けばつくようで、それほど遠くないと思っていました。しかし実際には、NZ最大の都市オークランドまででも11時間弱の飛行時間と、ヨーロッパや北米とあまり違いません。それでも時差は3時間しかないので、激しい時差ボケになることもなさそうです。

ニュージーランド航空のオークランド行きNZ90便はこの日6時30分の定刻通りに離陸。日本から唯一の直行便です。しばらくするとディナーの提供が始まりました。

日本で調理されたディナーはシンプルながら素材がいい。

ご存知の通り、日本を出発する便の機内食は日本で調理されたもの。ですから、日本人の期待を大きく裏切るようなクォリティになることはあまりないと思います。

【機内食ルポ】成田〜オークランド「ニュージーランド航空」エコノミークラス
この日のディナーのメインは、「牛肉のトマトソース温野菜添え」か「鶏の照り焼きと茹で野菜にご飯」のいずれか。それにハムと野菜のサラダとシーフード・ボール、ラズベリーのムース、クリームチーズにクラッカー、パンとバター。安心のメニューです。

【機内食ルポ】成田〜オークランド「ニュージーランド航空」エコノミークラス
面白いのが、ご飯の上に載っている薄いキャベツのグリル。初めて見ましたが、なるほど、これのおかげでご飯がぱさぱさにならないんですね。ビールは日本のビールもありましたが、深みとコクがあるベルギーのステラも準備してあります。

【機内食ルポ】成田〜オークランド「ニュージーランド航空」エコノミークラス
また、映画やテレビ、音楽などのエンターテイメントサービスはもちろん充実していますが、さらに、いつでもオンデマンドで飲み物やスナックをオーダーすることができます。これ、とても便利です。

朝起きれば、定番の朝ごはん!

【機内食ルポ】成田〜オークランド「ニュージーランド航空」エコノミークラス
ゆっくりと休んで目を覚ませば。窓の外にはゆっくりと太陽が出てきます。鮭の塩焼きにだし巻き卵、小さながんもに人参の煮物にほうれん草のお浸し。まさに、日本の朝ごはん。ゆかりご飯の上にはまたまたキャベツのグリルが乗ってます。

【機内食ルポ】成田〜オークランド「ニュージーランド航空」エコノミークラス
洋食が良ければ、オムレツにハッシュポテト、チキンのソーセージにラタトゥイユ。ヨーグルトとフルーツは共通です。晩御飯に続き、安定の王道メニュー。ご飯の上のキャベツ以外に驚きはありませんが、いずれも丁寧に作られていて、おいしい味付け。満足です。

【機内食ルポ】成田〜オークランド「ニュージーランド航空」エコノミークラス
さて、機内誌の名前は「Kia Ora」。調べてみれば「ご多幸を」といった意味のあいさつの言葉だそうです。4月はベトナムの特集。美しい写真を見るだけでも癒されます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。