体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏のおとずれを感じる「あの瞬間」の名前

夏のおとずれを感じる「あの瞬間」の名前

 

たとえば、仕事を終えてオフィスの外に出たとき。夜がくる直前の薄明るい空と、つかれた身体に吹く、生暖かい風。

夏のおとずれを実感させる「あの瞬間」を、なんと呼ぶのだろう? 

「夕暮れ時」の、名前を知る

 

黄昏(たそがれ)

夕暮れの、あたりが薄暗くなってくる頃。その中に、わずかな夕焼けの「赤色」が残っている時間をさす言葉。すこしずつ終わりに近づいていく人の一生を、「人生の黄昏」なんて言ったりもするみたい。たそがれ、たそがれ。なんだか、静かにつぶやきたくなってしまう言葉ですよね。

 

夕映え(ゆうばえ)

夕日の光を受け、まわりの物が美しく輝いてみえることをこのように言うのだそう。「TABI LABO」のオフィスから東のほうを見ると、タワーマンションの窓が黄金色に輝いて見えるときがあります。こんなふうに記事を書いている合間に、ふとひとやすみしたくて出た外階段から見える、あの夕映えの景色が大好きなのです。

 

茜(あかね)

もともとは、山に生えるアカネ科の多年生つる草の名前。すこしくすんだ赤色の染料として使われるそう。その色から、夕日で赤く染まった空や雲を「茜空」、「茜雲」と呼びます。たとえば夕暮れ前、となりを歩く愛おしい人が日に照らされて赤く染まっていたなら、「茜さす君」なんて呼ぶみたいですよ。

 

夕焼け(ゆうやけ)

これはもう、よく使われる言葉ですよね。日の入りのときに、西方の地平線に近い空が、燃えるような赤紅色に染まる現象のこと。空気中の水蒸気が多くなる梅雨の時期は、1年の中でもとくに夕焼けが鮮やかに見られます。あまりに美しいその光景から、「梅雨夕焼け」なんていう季語もあるみたい。

 

薄明(はくめい)

太陽が地平線に沈んでも、急に真っ暗になるわけではありません。しばらくは薄明るさが残りますよね。このような空を、文字のとおりの言葉で呼ぶのだそうです。冒頭で書いた、夏のおとずれを感じる「あの瞬間」は、この時間にやってくることが多いかもしれません。

 夏のおとずれを感じる「あの瞬間」の名前『空の名前』著:高橋健司(角川書店)

美しい風景は大自然の中だけでなく、見上げた空に、日の光の中に、そして降り注ぐ雨の中にもある。天候や季節を表す豊かな日本語を300点余りの写真とともにまとめたフォトミュージアム。光琳社出版1992年刊の新装版。

関連記事リンク(外部サイト)

微妙なお天気で微妙な気分の日に見たくなる。そんなインスタアカウント
夏が恋しくなる、インスタグラマー「kei7474」の花火
たぶん、人生で「いちばん自由」だった夏のこと

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。