体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トートバッグがゴミ箱に!? 『ルー・ガービッジ』なら荷物を入れて持って行き、出たゴミをスマートに持ち帰れる!

ピクニック、お花見、バーベキューなどのアウトドアシーン。行きはトートバッグとして活用し、帰りには「ゴミは思い出と共に持ち帰ろう」ということでゴミ箱として使えるトートバッグ『ルー・ガービッジ』。中にゴミ袋をセットすることができ、ゴミの持ち帰りやゴミ出しがスマートに行える。しかもおしゃれ!

トートバッグ専門ブランドが提案するダストボックス

「Fun Outing!~楽しいお出かけ!~」がコンセプト、株式会社スーパープランニングのトートバッグ専門ブランド「ルートート(ROOTOTE)」は使用シーンに最適な大きさや形、豊富なデザインバリエーションを常に提案、限定品やコラボレーション企画も多数展開している。目印はRマークのブランドタグ。カンガルーのおなかの袋からヒントを得た「ルーポケット」がついていることが特長。

今回紹介するのは、そんなトートバッグ専門ブランドから生まれたゴミ箱として使えるトートバッグ。ピクニックやキャンプなどの行楽に、ひとつ持っておきたいアイテムだ。ゴミをきちんと持ち帰るというのはエチケットのひとつ。それならば見た目も、扱いやすさもスマートに。それを叶えてくれるのがこのバッグ『ルー・ガービッジ(ROO Garbage)』(発売中)だ。

 

キャンプやアウトドアにはキャンバス地タイプを

『RT ルー・ガービッジ コットンキャンバス 30L-A』(全4色・税抜3,800円)はキャンバス地のしっかりとした大容量タイプ。

替えのごみ袋が入れられるポケットが両面に付いている。

ルー・ガービッジの中にゴミ袋をセット。内側のドットボタンでゴミ袋の4辺を固定すればダストボックスの出来上がり!

口も、底も、大きくたっぷりと入れられる。大きめの市販のごみ袋もしっかりとセットでき、キャンパス地なので形も崩れにくい。

 

ペットボトルのゴミなどは、ただ袋に入れておくだけだとバラバラとしてしまいがち。『ルー・ガービッジ』であれば、しっかりと安定した形で置けるのがポイント。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。