体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時代が求めているのは、こんな「なめらかな家」だ

時代が求めているのは、こんな「なめらかな家」だ

ワークとライフの境界がなくなりつつあるこの時代に求められる家って、「なめらかな空間」なんじゃないかと思います。

インドネシアにあるちょっとうらやましい住み方、働き方、コミュニティの在り方を紹介します。

リビング、ワークスペース、パブリックを使い分けできる3階建て

時代が求めているのは、こんな「なめらかな家」だ

まずはリビング

時代が求めているのは、こんな「なめらかな家」だ時代が求めているのは、こんな「なめらかな家」だ時代が求めているのは、こんな「なめらかな家」だ

ベッドルームも

時代が求めているのは、こんな「なめらかな家」だ時代が求めているのは、こんな「なめらかな家」だ時代が求めているのは、こんな「なめらかな家」だ

緑が見えるワークスペース

時代が求めているのは、こんな「なめらかな家」だ時代が求めているのは、こんな「なめらかな家」だ

日の光がたっぷり入るミーティングスペース

時代が求めているのは、こんな「なめらかな家」だ時代が求めているのは、こんな「なめらかな家」だ

読書スペースも完備

時代が求めているのは、こんな「なめらかな家」だ

屋上はちょっとしたイベント会場

時代が求めているのは、こんな「なめらかな家」だ

一日が終わる頃、自然と人が集まる

時代が求めているのは、こんな「なめらかな家」だ時代が求めているのは、こんな「なめらかな家」だ

ジャカルタから少し南にあるビンタロ地区にあるこの家。

若いカップルや新築の家を買えない層のために元の建物を少しずつリノベーションし、今の形になりました。

あえて屋上などに何もない「無」のスペースを創ることで空気の循環や樹木、採光のための小さい窓を確保。人との交流も生み出しているそうです。

住むこと、働くこと、誰かに会うこと。日本だけでなく海外でもなめらかに変わってきています。Licensed material used with permission by STUDIO SA_e

関連記事リンク(外部サイト)

家具の“真の使い心地”は、ネコたちがよく知っている!?
折りたたみならぬ「壁収納」ベッド。
もう抜け出せない。多機能「リビング」ベッド

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。