体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セブ島を拠点に離島巡り。地元の人も知らない“パミラカン島“で◯◯◯に出会った

セブ島を拠点に離島巡り。地元の人も知らない“パミラカン島“で◯◯◯に出会った

「一度きりの人生、やりたいことをして生きていこう」そう決めて、今私はセブ島留学をしています。

日本にいる頃は留学なんて非日常の世界だなぁなんて思っていたけれど、いざ来てみると留学生活は日常になり、休日に離島に行くことが非日常になってきています。不思議。

フィリピン留学は、門限が決まっているなど厳しい学校からそこまで厳しくない学校まであります。私の通っているNexSeedは、朝から夜まで授業があるわけではなく、放課後や休日は自分の時間を持てるところが魅力の一つでもあります。

休日に離島巡りができているのも、普段は学校でしっかり勉強をしているからこそです。セブ島留学へ来てもうすぐ1ヶ月、今回もまた日帰り離島巡りをしてきました。

 

地元の人も知らない“パミラカン島”

空港があるマクタン島から有名なボホール島へは、船で2時間向かいます。所要時間は約2時間。そして今まで行ったよりも片道料金がグンッと上がります。片道500ペソ、約1000円です。ちなみに、このチケットはアヤラモールという有名なショッピングセンターで事前にチケットを購入できるので、土日や祝日に島へ行く場合は買っておいた方が良いでしょう。時と場合によりますが、チケット売り場でかなり並ぶこともあるので…。

船は、ボホール島のタグビララン港へ到着。そこからパミラカン島へ向かうには隣町のバクラヨンまでタクシーorバンで向かいます。私が行った時はタクシーがいなかったので、地元の人に400ペソでバクラヨンまで連れて行ってもらいました。(観光客扱いなので、おそらく高い値段設定をされました)

パミラカン島までは、ボート1台1500ペソ(約3000円)でした。数人で行って割り勘するのが一番いい方法でしょう!ただし、このボート乗り場には人が全然いなかったため、私の場合は地元の人に話しかけていたら、たまたま島へ帰る人がいたので一緒に乗せてもらいました。行き方には十分注意した方が良さそうです。

 

着いた先は……ん??

あまり綺麗じゃない…。

 

そう、ここパミラカン島はシュノーケリングで有名な島なので、ツアー客は島につくやいなや、ボートに乗ってシュノーケルポイントまで行くのです。

 

私は、砂浜でただただボーッとしていたい…でも思っているような砂浜がない…。

 

しかし、そんなこともあろうかと事前にサーチ済み。島を歩いて周れるとネットでは書いてありました。裏まで行くならそんなに時間はかからないだろう、と地元の人に聞いてみると「2時間はかかるよ」と。嘘でしょ…とは思いつつも、時間がたっぷりあったので一か八か歩いてみることに!

 

そこには、モアナがいた…


地元に人にメインの道を教えてもらい(この道しかない)歩いていると、素敵な景色が。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。