体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2018】全国”ナイト絶景”35選!夜しか見ることができないおすすめ絶景スポット

【2018】全国”ナイト絶景”35選!夜しか見ることができないおすすめ絶景スポット 夜絶景

定番の夜景スポットから、一度は見に行きたい満天の星空、花火大会まで、夜にしか見ることのできない全国各地の「ナイト絶景&イベント」をご紹介!

カップルや友達、家族との思い出づくりに、夏ならではの絶景を見におでかけしてみては?

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※イベント情報はじゃらんnetイベントガイドから抜粋しました

※イベントの実施状況、開催期間、開催場所については、天候や主催者側の都合により、変更もしくは中止となる場合があります。必ずご自身で事前にご確認ください

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません

<目次>

■北海道・東北エリアはこちら

■関東・東海エリアはこちら

■関西・四国エリアはこちら

■九州・沖縄エリアはこちら

■北海道・東北エリア

旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群 【北海道】

旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群出典:じゃらん 観光ガイド 旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群

旧国鉄士幌線のアーチ橋が大小あわせて約60保存されています。中でも糠平湖にかかるタウシュベツ川橋梁は、湖の水位により見られなくなることもあることから幻のめがね橋とも呼ばれており、風貌はローマの水道橋を思わせる風格があります。

\口コミ ピックアップ/

ガイド付きツアーに参加して間近で堪能することができました。ガイドさんの丁寧で興味深いお話を聞きなからノスタルジックな大迫力のアーチ橋を下から見上げて周りの景色を見渡すと、タイムスリップしたような不思議な感覚を味わうことができました。

この次はまたちがう季節のアーチ橋を観に訪れたいです。

(行った時期:2017年7月14日)

※ダムの水が少ない1月頃から凍結した湖面に姿を現し、水位が上昇する6月頃から沈み始め、8-10月頃には湖底に沈みます 旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群

住所/北海道河東郡上士幌町字ぬかびら源泉郷

「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」の詳細はこちら

望羊の丘 【北海道】

望羊の丘出典:じゃらん 観光ガイド 望羊の丘

\口コミ ピックアップ/

心細くなりそうな山道4km走って、突然丘の上に出るとそこが目指す望羊の丘です。とても景色が良かったです。

(行った時期:2016年6月) 望羊の丘

住所/北海道虻田郡京極町脇方

「望羊の丘」の詳細はこちら

測量山展望台 【北海道】

測量山展望台出典:じゃらん 観光ガイド 測量山展望台

室蘭市全体をはじめ噴火湾、昭和新山、有珠山、羊蹄山など360度のパノラマが眺望でき、ここからの室蘭港の夜景や山頂のライトアップも注目を集めている。室蘭八景の一つ。

\口コミ ピックアップ/

夜に行きましたが、夜景がとても綺麗でした。

1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。