体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ひとり図書館チェア」で本の世界に浸る

「ひとり図書館チェア」で本の世界に浸る

初恋の人は、図書室によくいる人だった。
その子はいつも窓際に座っていた。
半分開いた窓から風が吹き込むと、長い髪が揺らぎ、そのときだけちらっと横顔が見える。その瞬間を逃すまいと、僕の視線は本とその子を行き来していた。

 

大人になったいま思うのは、なにかに没頭している真剣な表情は、年齢や性別、容姿に関係なく、とても美しいということ。とくに本は、表紙をめくった途端、想像の世界に入り込んでいくから、他人を意識していない無防備な表情になり、いっそう美しさが増すのだと思う。

そんな人たちが集う図書館は、サンクチュアリだ。

わたしだけの……

「ひとり図書館チェア」で本の世界に浸る© 2018 YANGSIYOUNG「ひとり図書館チェア」で本の世界に浸る© 2018 YANGSIYOUNG

韓国人デザイナーのsiyoung yangさんも、そんな本の世界に魅了された一人。

リビングにいても、キッチンにいても、本を開いた途端、そこが図書館になる。それならば、もういっそのこと、本の世界にどっぷり浸ることができる家具をつくりたい。そうして生まれたのが、この「My Library Chair」。

学生時代に僕が投げていたような邪魔な視線もない、わたしだけの図書館。わたしだけのサンクチュアリ。「ひとり図書館チェア」で本の世界に浸る© 2018 YANGSIYOUNG

オフのオフ

「ひとり図書館チェア」で本の世界に浸る© 2018 YANGSIYOUNG「ひとり図書館チェア」で本の世界に浸る© 2018 YANGSIYOUNG「ひとり図書館チェア」で本の世界に浸る© 2018 YANGSIYOUNG

オフの日、自宅でゆっくり過ごしていても、洗濯や料理などやることは多い。

キッチンが、オフのときのオンならば、この椅子は、オフのオフ。

休日はひとり、ここに座って、ゆっくりと本の世界に浸りたい。「ひとり図書館チェア」で本の世界に浸る© 2018 YANGSIYOUNG「ひとり図書館チェア」で本の世界に浸る© 2018 YANGSIYOUNG

ちなみにこれらの椅子はすべてパーソナルオーダーメイド。興味のある人はこちらから。Top Photo by ©2018 YANGSIYOUNGLicensed material used with permission by YANG SI YOUNG

関連記事リンク(外部サイト)

52年ぶりに図書館へ本が返却!「遅くなってごめんなさい」
この図書館は、「ダメ!」ってわかっているのに撮影したくなる
続きは図書館で。NYの地下鉄にバーチャルライブラリーが出現

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。