体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5年前にテレビは捨てた。でも、コレは買い直したい

5年前にテレビは捨てた。でも、コレは買い直したい

「テレビを見なくなったらどうなるのだろう?」という好奇心だけで、5年前に部屋のテレビを捨てた。

ただ消費するだけではなくて、自分の時間をよりコントロールできるようになったと感じている。

だけど、その快適さを手放してでも、「コレなら買いたい!」と思えるテレビを見つけてしまった。

インテリアとしての「テレビ」

5年前にテレビは捨てた。でも、コレは買い直したい

テレビのない生活に慣れているとはいえ、全く見ないというわけではない。ストリーミングサイトでお笑い番組を見ることもある。

そんなときに「Transparent TV」を部屋に置いておきたい。透明ディスプレイを採用した製品だ。

テレビ番組を見ない日のほうが多いけれど、たまに見たくなったらテレビとして使えるし、このたたずまいはインテリアにもなる。5年前にテレビは捨てた。でも、コレは買い直したい5年前にテレビは捨てた。でも、コレは買い直したい5年前にテレビは捨てた。でも、コレは買い直したい

ちなみにコントロールパネルは本体に内蔵されているとのこと。限りなくムダを削ぎ落としたデザインは、多くの人の部屋にも馴染んでくれるだろう。Licensed material used with permission by Jang Junyoung(HP), (Behance)

関連記事リンク(外部サイト)

真実しか伝えないテレビ
あなたの部屋を美術館にする「額縁テレビ」
テレビを楽しむ子どもの顔が、この世界に潜む「闇」を感じさせた。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。