体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トム・クルーズによる目を見張るスタントが盛り沢山!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』最新予告編が公開

トム・クルーズによる目を見張るスタントが盛り沢山!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』最新予告編が公開

自分でスタントをこなすハリウッド俳優の代表格であるトム・クルーズ。つい先日公開された『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の最新予告編の中でも、伝説的なスパイ、イーサン・ハントとして、危険なスタントに全力で挑む彼の姿勢が垣間見れる。

映像は、迫力の格闘シーンやカーチェイスをはじめ、隣のビルへ飛び移ったり(このシーンの撮影で骨折し話題を呼んだ)、ヘリコプターにぶら下がったりと、目を見張るスタントが満載だが、注目のヘンリー・カヴィルの役柄についてもヒントを与えている。今回カヴィルは、イーサン・ハントに対立するCIAエージェントを演じる。

また、ベンジー役のサイモン・ペッグやルーサー役のヴィング・レイムス、イルサ役のレベッカ・ファーガソンなど、お馴染みのメンバーが戻って来る。他にもイーサンのボス役アレック・ボールドウィンや、イーサンの妻役ミシェル・モナハンも再び登場。また、アンジェラ・バセットとヴァネッサ・カービーが今回、出演者として仲間に加わったのは実に嬉しいことだ。

https://www.youtube.com/watch?v=XiHiW4N7-bo

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は7月27日に米国で公開予定(2018年8月3日に日本公開予定)。

■参照リンク
https://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

米国のトーク番組にデッドプールが突如登場!?
『スーパーマン』でヒロイン役を演じたマーゴット・キダー、69歳で死去
クリス・エヴァンス、アベンジャーズの後は『第9地区』ニール・ブロムカンプ監督の新作に主演
ベネディクト・カンバーバッチ、男女のギャラが平等でなければ仕事を断るよう俳優陣に呼びかける
ヒュー・ジャックマンも太鼓判!『デッドプール2』、米国で前作や『アベンジャーズ』最新作を超えたとの声続々

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。