体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

迷子の子犬が警察に届けられる→実は野生のコヨーテだったことが判明

迷子の子犬が警察に届けられる→実は野生のコヨーテだったことが判明

米イリノイ州バートレットの警察に、道端に1匹でさまよっていたという”子犬”が届けられた。警察署来た時、子犬は深刻な脱水状態だった。

「住人が車で走っていると、道端に1匹でさまよう犬を見つけたそうです」。巡査部長のカイル・ライバスキ氏は、動物ニュースサイト『The Dodo』にこう語った。「住人は犬を拾い、動物保護施設に届けてもらおうと、警察署に連れてきたのです」

しかし、警察官たちはすぐに、この小さな生き物が子犬らしい特徴を全く持っていないことに気付いた。普通の犬より、足は大きく、爪も長く、毛並みもザラザラしていたのだ。

ライバスキ氏はこのように振り返っている。「すぐに普通の子犬じゃないと気付きました。抱き上げると、毛の感触が違います。まるで針金のようだったんです」

This cute puppy was brought to the PD after a concerned resident found it alone on the side of a busy road. Actually, the puppy turned out to be a coyote! He was quite the attraction at the PD before he was brought to our friends at Willowbrook Wildlife. pic.twitter.com/Kx9DtsS4sd
– Bartlett IL PD (@bartlettpd) 2018年5月10日

「車通りの多い道に1匹でいるところを心配した住人が、このかわいい子犬を署に届けてくれました。でも実はこの子犬、コヨーテだったと判明! 我々と親しくしているウィロウブルック野性動物センターに届けるまで、署の人気者でした」

調べた結果、この動物は子犬ではないことが判明。実は野生のコヨーテの子供だったのだ。このコヨーテは、母親とはぐれて森を1匹で生き抜くにはまだ幼過ぎるため、地元の野生動物センターに届けられたという。

■参照リンク
https://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のエンドロール中に大混乱!「もしあなたが死んだとしたら」と牧師が叫び出す
ブレイク・ライブリーがインスタグラムの投稿をすべて削除し、夫ライアン・レイノルズのフォローを外した理由とは? 
可愛すぎる!大きな耳を持つミックス犬が「ミッキーマウスみたい」と海外でも話題に
エリザベス女王の飼っていた最後のコーギー犬が亡くなる
ジェイソン・ステイサム、海洋パニック映画『The Meg』撮影のため本物のサメと泳いだ体験を告白!

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。