体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お値段50万円超! Teslaのソーラーパネル付きiPhone X登場

スマホをゴージャス化することで知られるロシアのアクセサリーメーカー、その名もCaviar(キャビア)がTeslaのソーラーパネル付きiPhone Xを発表した。

端末の背面にソーラーパネルが組み込まれ、パーツの一部がゴールドに輝くなど、いかにもリッチ感漂う。実際、お値段も28万4000ルーブル(約50万8000円)〜と、超ハイエンドとなっている。

・1台目はマスク氏へ贈呈

正式名称は「iPhone X Tesla」。Caviarのサイトには、最初の1台はTeslaのCEOイーロン・マスク氏に贈られると紹介されている。

iPhone X Teslaは背面のほとんどがソーラーパネルで、レンズの横部分には「TESLA LIMITED EDITION」の文字。ソーラーパネルで発電した電気でiPhoneのバッテリーが充電されるようだが、充電にどれくらいの時間がかかるかなどは明らかにされていない。

・防水・防塵性能も

また、落とした時パネルはどうなるのかと心配する声もありそうだが、このパネルは耐衝撃の性能とのこと。加えて、防水・防塵性能も備えているという。

価格は、ストレージ64GBのバージョンが28万4000ルーブル、256GBバージョンは29万9000ルーブル(約53万5000円)。

スマホにこの金額、一体誰が払うのか?と思わなくもないが、すでに同社サイトで販売されている。ちなみに、このiPhone X Tesla、購入者の元に直接スタッフがお届けに参上するという。

Caviar

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。