体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

主食に「パン」が太ると言われるワケ

主食に「パン」が太ると言われるワケ

年齢性別を問わず、朝食はパン派はきっと多い。でも昔から主食はごはんのほうがヘルシーでいいとよく言われますよね。そもそもそれってなんで?

カロリーだけを見ると、さほど差はないはず。むしろ食パンと比べると、茶碗1杯分のごはんよりもカロリーは低いんです(ごはん1杯:269kcal、食パン1枚/6枚切り:158kcal)。

管理栄養士の圓尾和紀さんは、『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』(ワニブックス)で、大きくこの4つのポイントから、主食には断然「パン」よりも「ごはん」がおすすめだと話しています。そうは言われても、朝のパン習慣はやめられないのだけれど(笑)主食に「パン」が太ると言われるワケ© aluxum/iStock

01.
脂質:ごはん<パン

ごはん1杯分と食パン(6枚切り)を比べると、たしかにカロリーは食パンのほうが低い。けれど脂質は、ごはん:約0.5gに対して、(種類によって異なるが)食パン:約2~4gが目安。ごはんの数倍もの脂質が含まれています。

02.
ごはんは無添加

もっとも大きな違いがコレ。白米を炊くだけならば、ごはんは無添加。一方、食パンには、油や砂糖、塩などが使われており、イーストフードや乳化剤、酢酸Na、甘味料、香料などの添加物が含まれているものも多い。ちなみにパンに含まれていることもある「トランス脂肪酸」は、身体に害があるとして全米で規制の対象になる成分。

03.
おかずのカロリー&脂質

ごはんとよく組み合わせるおかずは、焼き魚や味噌汁、煮物、納豆など低カロリーな和食が多いですよね。パンの場合は、ベーコンエッグやポタージュスープなど脂質が高いものがよく合うもの。ジャムやバターを塗れば、いっそう高カロリーになるのは当然。

04.
噛む回数

腹持ちのよさでも、ごはんに軍配。お米のように粒食のほうが噛む回数が増え、満腹感を得やすくなります。そうすれば間食も防ぐこともラク。

……でもパンが好き!

このような点から、ごはんのほうがやっぱり健康的なのです。けれど、おいしいパンはやめられない!圓尾管理栄養士いわく、ごはんとそれ以外(麺類含む)の主食の比率が9対1くらいが理想的だそう。毎日3食食べるのであれば、3日に1食くらいのバランスがおすすめ

ちなみに、パンを食べるなら、全粒粉など精白の度合いが低いもののほうがヘルシーです。主食に「パン」が太ると言われるワケ『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』著:圓尾 和紀 (ワニブックス)

“食べること”はすべての基本。どんな情報も食べ物も簡単に手に入る「飽食の時代」に甘んじていると、日本人にとって本当に必要な食事を見失ってしまうかもしれません。心も身体もほっとする一汁レシピなど、手っ取り早くてバランスもよいレシピを掲載。大切なのは、「台所から見直してみる」こと。食べ物の味わい方、人生の考え方まで変わってきます。

関連記事リンク(外部サイト)

ダイエットは秋冬が勝負!
乾かなくて、形も崩れない「パンの家」
栄養士が教える「居酒屋で消化にいいメニュー」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。