体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一流の人が実践する、仕事のパフォーマンスを上げるための「究極の睡眠術」

一流の人が実践する、仕事のパフォーマンスを上げるための「究極の睡眠術」

仕事のことが気がかりで眠れない。残業で疲れているのに、頭が冴えてしまう…。こんな悩みを抱える方、意外に多いのでは?

「眠り」は仕事のパフォーマンスに大きな影響を及ぼします。できることならば夜はぐっすり眠り、疲れを取りたいものですよね。

クリスティアーノ・ロナウドやデヴィッド・ベッカムなどサッカーの超一流選手の睡眠管理を手掛け、数々のオリンピック選手やグローバル企業などに睡眠メソッドを指導してきた“伝説のスリープコーチ”ニック・リトルヘイズ氏。

先ごろ、集中力、気分、パフォーマンス、メンタル、健康、肉体的疲労など、最速で「最高の回復」をもたらす眠り方をまとめた『究極の睡眠術』という書籍を出版しました。

著書の中では、意識の高いエリートパフォーマーたちがこぞって取り入れている最先端の睡眠メソッドを紹介していますが、どれも我々がすぐに真似できる簡単なものばかり。今回はその中から特に気軽に実践できそうなものを一部抜粋し、ご紹介します。


誰でも実践できる!「究極の睡眠」の7つのルール

著者によると、「究極の睡眠」を実現するためには次の7つのルールを守ることが大切だとか。

「究極の睡眠」7つのルール

1.「体内時計」のリズムを制する

人間が持つ「概日リズム」への調和を意識する

2.「クロノタイプ」をフルに活かす

自身の睡眠タイプ、いわゆる「朝型」「夜型」に合わせる

3.「時間」より「サイクル」で眠る

睡眠を90分サイクルで考える。就寝時間は柔軟でいいが、起床時間は一定にする

4.睡眠前後の「ルーチン」で眠りを変える

起床後と就寝前の「90分」を意識することで睡眠の質と日中の能率を上げる

5.日中に「回復時間」を導入する

昼間の睡眠チャンス(午後1~3時)に30分以内の昼寝をする

6.自分だけの「スリープキット」を整える

自分に合ったマットレスを見つける。「胎児姿勢」で利き手を上にして横向きに眠る

7.寝室を「回復ルーム」に変える

部屋の中の物をすべて出し、休息、回復、リラックスに必要なアイテムだけ戻す

いずれも少し意識したり工夫したりするだけで、実践できるものばかりだが、中でも今日から実行に移せそうなのがルール4の「睡眠前後の「ルーチン」で眠りを変える」。具体的な方法を、ご紹介しよう。

まずは「就寝前のルーチン」を実践する

著者は、「寝る直前に何をするか」が睡眠の質と持続時間に直接的な影響をもたらし「起きた直後に何をするか」がその日の日中に重大な影響を与える…としている。つまり、「睡眠中の時間よりも、むしろ前後の時間が重要」と言う。

就寝前のルーチン

就寝前のルーチンでは、入眠に適した状態になるための準備をする。睡眠中の数時間に備えて、障害となる要因を取り除くことが、質のいい睡眠のためには重要だ。

●「テクノロジー」を遮断する

PCやタブレット類はオフにする、動画やゲームなどをベッドで楽しむのは止める、を実践する。ブルーライトの影響ももちろんあるが、眠る直前までメールやメッセージに返信すると、眠ろうとしてもそのメッセージが頭の中で回り続けてしまったり、相手から返信が来るまでもやもやして寝付けなかったりすることがあるからだ。

●温度を「温→冷」にする

概日リズムの一環として、体温は夜になると自然に下がるようになっている。暑すぎる暖房や布団などはこれを妨げてしまい、睡眠サイクルから脱線してしまう恐れがある。暑い夜にはエアコンなどで、眠る前に部屋を涼しくする。冬場でも、眠るときは寝室の暖房を切ること。

●明るさを「明→暗」にする

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。