体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米国のトーク番組にデッドプールが突如登場!?

米国のトーク番組にデッドプールが突如登場!?

今週金曜日に全米で公開される『デッドプール2』のプロモーションのため、今米国のテレビには主演のライアン・レイノルズが出ずっぱりだ。

スティーブン・コルベアが司会を務める『ザ・レイト・ショー』ではデッドプール自らスタジオに乱入。コルベアの他、ジェイミー・フォックス、(フォックス違いで)マイケル・J・フォックス、エリック・トランプ、さらにトランプ大統領のいわゆる「おしっこテープ」問題や、ライアン・レイノルズについてネタにした。

コルベアが一人、スタジオで次のように語っていた。「ご存知のように、夏はヒット作が次々と公開されます。そして今年は、既にたくさんのスーパーヒーロー映画が公開されています。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、『ブラックパンサー』、そして間もなく『アントマン&ワスプ』、『アクアマン』、『ヴェノム』も。さて、映画館の観客たちはどの映画で『スーパーヒーローものはもう結構』と言うでしょうか?」

すると、デッドプールがバックステージから突如登場。「デッドプール2だね。そうに違いない」とこれに反応した。

映像でもおわかりのとおり、スタジオの観客は大喜びだった。『デッドプール2』の日本公開予定は6月1日だ。

https://www.youtube.com/watch?v=nlozE2m-NMc

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『スーパーマン』でヒロイン役を演じたマーゴット・キダー、69歳で死去
クリス・エヴァンス、アベンジャーズの後は『第9地区』ニール・ブロムカンプ監督の新作に主演
ベネディクト・カンバーバッチ、男女のギャラが平等でなければ仕事を断るよう俳優陣に呼びかける
ヒュー・ジャックマンも太鼓判!『デッドプール2』、米国で前作や『アベンジャーズ』最新作を超えたとの声続々
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』がワールドプレミアで高評価!若きハン・ソロに絶賛の声

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。