体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポスト・ニューウェーブ・バンドFOXPILL CULT、独創的な「アートサマージ」MV公開

ポスト・ニューウェーブ・バンドFOXPILL CULT、独創的な「アートサマージ」MV公開

ポスト・ニューウェーブ・バンドFOXPILL CULTが、今年8月8日にリリースする4thフル・アルバム『死ぬ迄踊れ』から、先行楽曲となる「アートサマージ」の最新MVを公開した。

「アートサマージ」は新たな旅立ちの苦悩と覚悟をテーマに作られた楽曲。ライヴでもいち早く演奏され、激情的で哀愁の漂う曲調が話題となった激しいナンバー。

作詞作曲を手がけるリーダー西邑卓哲が映像制作を手がけ、共感不可能=人の見えなくなった世界を題材に全国でロケ撮影を敢行し、CGを駆使して制作された映像は独創的な世界観を生み出している。

最新作『死ぬ迄踊れ』は、原点回帰と共感不可能な人体時計をテーマに、彼らのルーツの一つであるゴスを彷彿とさせるアプローチや扇動的なパンクロック、サイケデリック、多国籍の童謡、更に今夏にサウンドトラックが全国発売される話題のアングラ劇団「虚飾集団廻天百眼」や「昭和精吾事務所」で音楽監督をつとめる西邑卓哲の経験を活かした演劇的要素も多く盛り込まれ、ファンの間で傑作として名高い2ndアルバム「邪宗門」を彷彿とさせる大作に仕上がっている。

8月24日には下北沢SHELTERでのワンマン公演〈Stations of the Cult2 -死ぬ迄踊れ-〉が決定しており、去年披露された組曲的なライヴが進化して、ふたたび披露されるとのこと。

チケットはバンドが直接販売する会場限定チケットとe+で購入可能。ワンマンを記念して6カ月連続自主企画ライヴの開催も決定している。(前田)

FOXPILL CULT 「アートサマージ」

https://youtu.be/22t4HJATRqo
■リリース情報
2018年8月8日発売
4thフル・アルバム「死ぬ迄踊れ」
RONA-1006 ¥2,500+税
【収録曲】
1.死ぬ迄踊れ
2.出でる時報男
3.アートサマージ
4.蠅を殺すな
5.MEIN REICH
6.ワーク 
7.奇妙な砂の女
8.人体模型からの散歩者
9.涅槃灸
10.信仰
11.ミラーニューロンの終わり
12.偽CULTIZM
13.帰れない散歩道
14.死者の門

ライブ・イベント情報
5/19(土) 池袋手刀
6/7(木) 東高円寺U.F.O club ※自主企画「ポトラッチデッドvol.28」出演:FOXPILL CULT/SITHA/RIS/BlieAN
7/12(木) 東高円寺U.F.O club ※自主企画「ポトラッチデッドvol.29」
8/24(金) 下北沢SHELTER ※ワンマン公演「Stations of the Cult2 -死ぬ迄踊れ-」
■e+チケット購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002259621P0030001

・FOXPILL CULTの音源はOTOTOYで配信中
https://ototoy.jp/_/default/a/83227

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。