体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2階層のやぐら部屋が斬新!「星野リゾート OMO5 東京大塚」がオープン!

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
外国人観光客が増え、「ホテルが足りない」と度々言われている東京。特に、新宿や渋谷などの人気のエリアは常にホテルがいっぱいなんてことも。ちょっと足を伸ばした豊島区・大塚に、この度、あの星野リゾートが新しいホテル「OMO5 東京大塚」をオープンしました。

「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」をコンセプトにした「OMO」は、この春星野リゾート OMO7 旭川からスタートしました。今回は今までのホテルとはちょっと違った個性的な「OMO」を徹底的に紹介いたします。

大塚の地元密着を目指した「OMO5 東京大塚」

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
「星野リゾート OMO5 東京大塚」は、JR大塚駅北口から徒歩3分程度の場所にオープンしました。駅を出たらすぐに見つけられるくらい近いので便利ですね。

この「OMO5 東京大塚」の特徴は、「地元に密着している」ということ。ホテルを中心として街全体をリゾートと捉え、宿泊者にはこのホテルを中心に街に出かけて欲しいという思いがあるのだとか。

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
ホテルのすぐ裏には、古民家を改造した飲み屋が立ち並ぶ「東京大塚のれん街」があり、大塚で人気のたこ焼き屋さん「上木家」などが入っています。ホテルから出たらすぐに地元密着の食事を楽しんだり、飲みを楽しんだりできるのです。

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
また、都市観光旅行者向けに「Go-KINJO」という新しいサービスを提供。ホテルから徒歩圏内の「街」を深く知ってもらうために、「ご近所専隊OMOレンジャー」が「ご近所マップ」など地域と連携しながら、大塚の街を案内してくれます。

一部有料になりますが、写真スポットを中心としたお散歩コースを案内してくれる「OMOグリーン」は無料なので、どんどん利用してみたいところですね。

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
ロビーの入り口には「ご近所マップ」があるので、これを見て自分でご近所散歩をするのもいいですね。「OMO5 東京大塚」に泊まったら、大塚散歩をしないと損!という気持ちになってしまいます。

室内が2階層になった「YAGURA Room」

「OMO5 東京大塚」の最大の特徴は、実は「部屋」にあります。

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
まずは部屋に靴を脱いで入っていくと、奥にはローソファーが置いてあるくつろぎのスペースが見えます。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。