体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冷蔵庫で最大60日保存可能!?なのに本格的なおいしさ!ロングライフサラダ『サラダのプロがつくったサラダシリーズ』を食べてみた!

賞味期間を制すものは食卓を制す? 今話題のロングライフサラダは、冷蔵庫で15~60日保存できるという画期的なサラダ。「でもそれっておいしいの?」というわけで、最大60日保存できる『サラダのプロがつくったサラダシリーズ』全8品を実際に食べてみた!

 

サラダなのに長持ち!ロングライフサラダに注目!

自分で食事をつくりはじめて早16年。記者はどうにも食材管理が苦手で「野菜って高いのにすぐしなびるよね」と頭を悩ませることが多い。健康やお肌のために野菜はなるべく毎日摂りたいけれど、野菜の鮮度保持はなかなかむずかしいと思う。

 

そんなとき頼れるのが、長期間保存できる「ロングライフサラダ」。1977年にケンコーマヨネーズ株式会社が食品業界で初めて開発し、発売から40年経つ今なおトップシェアを誇っている日持ちのするサラダだ。「ロングライフサラダ」は業務用をメインに、外食やパン屋などで多く使われており、その中で家庭向けに発売されたのが、小型サイズの『サラダのプロがつくったサラダシリーズ』。一人暮らしや共働き世帯の増加などを背景にニーズが高まっているという。

 

「ロングライフサラダ」は、密閉包装、加熱殺菌、冷却などの技術を駆使することで、冷蔵未開封で15日~最大60日間もの日持ちを実現している。お惣菜コーナーに並ぶサラダはおおむね当日から2日間程度が消費期限とされているから、いかに”ロングライフ”なのかがよくわかる。

『サラダのプロがつくったサラダシリーズ』は、食卓の定番である「ポテトサラダ」をはじめ全8種類を展開。いずれも1~2人分の少量で、税込185円または税込205円というお値段(オンラインショップでの価格)にも魅力を感じる。忙しくても、料理が苦手でも、これさえ冷蔵庫にそっと常備しておけば毎日おいしいサラダが食べられるなんてすごい。

 

スーパーが開いている時間に帰宅できないという人にもぴったりだし、食卓に並ぶ全品を手作りするのはちょっと無理という場合にもとても役立ちそうだ。

味も食感も本格的!実際に食べると手放せないおいしさだった!

『サラダのプロがつくったサラダシリーズ』は最大60日保存できるということが特長の1つだが、「おいしくないと食べたくない」というのは断固キープしたいところ。見た目も味も、食べて良かったと思えるものを選びたい。

さっそく『サラダのプロがつくったサラダシリーズ』をチェックしてみると、全8種類のパッケージはそれぞれ光沢のあるカラーリングで、お値段以上の高級感がある。ずらりと並べるとカラフルでにぎやか。

 

全8種類のサラダは次のとおり。飽きの来ないバリエーションがうれしい。
お酒によく合うポテトサラダ
お酒によく合う鮭ポテトサラダ
ポテトサラダ
金ごまごぼうサラダ
かぼちゃサラダ
たまごマカロニサラダ
マカロニサラダ
明太子スパゲティサラダ

 

まずは「お酒によく合うポテトサラダ」を試食! じゃがいもはサラダに適した北海道産の「さやか」を使用し、シンプルな「ポテトサラダ」に比べて濃厚な味付けでお酒がすすむ味に仕上げられている。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。