体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『半分、青い。』のキャストの中にいる!?将来のNHK朝ドラヒロイン

『半分、青い。』のキャストの中にいる!?将来のNHK朝ドラヒロイン

 

現在NHK連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロイン・永野芽郁さん、2年前には大河ドラマ『真田丸』に出演、千姫役で注目されました。また『ひよっこ』のヒロイン・有村架純さんは女優としてブレイクしたきっかけが、2013年の朝ドラ『あまちゃん』でした。このように朝ドラヒロインに、NHKドラマで注目を集めた人が満を持して抜擢されるケースが最近目立ちます。今回の『半分、青い。』の出演者の中にも、もしかしたら未来の朝ドラヒロインを務めるのでは、という顔ぶれが見られます。

 

 

 

■80年代の制服姿が似合った鈴愛の親友は23歳の福岡っ子

永野芽郁さんは『真田丸』に出演する前から、映画『俺物語‼︎』(2015年)、主演ドラマ『こえ恋』(2016年)など主に若者向けの作品にメインキャストとして出演し、“期待の若手女優”として注目されつつありましたが、幅広い年齢層の人に知られるようになったのは、やはり大河ドラマ出演が大きかったと思われます。

そんな永野さんが『半分、青い。』で演じるヒロイン・鈴愛の友人・菜生役として注目度が急上昇しているのが女優・奈緒さん。地元・岐阜での高校生時代、80年代の制服姿の女子高生役が、童顔ということもありハマっていましたが、実は奈緒さんは現在23歳。ヒロインの永野さんよりも5学年年上です。

奈緒さんはもともと地元・福岡でスカウトされモデルとして活動を開始。数多くのCMに出演するとともに、ドラマにも出演していましたが、2016年に脚本家・野島伸司氏が総合監修を務める俳優養成学校に入学、本格的に女優への道を歩み始めます。

そして野島氏脚本作品など数本のドラマに出演。朝ドラでは、福岡時代に受けた『まれ』(2015年)、『わろてんか』(2017年~)に続き、今回3度目のオーディションに挑戦。惜しくもヒロインには選ばれませんでしたが、親友役での出演となりました。

今回の作品で一気に知名度を上げた奈緒さん。『めざましテレビ』のインタビューでも「楽しくやれてるな~」と、朝ドラの撮影が充実していることを話していました。『あさが来た』(2016年)のヒロイン・波瑠さんは4度目の朝ドラオーディションでヒロインの座を射止めたというケースもありますが、奈緒さんの“4度目の正直”にも期待したいところです。

 

■朝ドラでは珍しい“魔性の女”⁉︎  未来のヒロイン本命・古畑星夏さん

ヒロインが通う高校に試合に訪れた他校の弓道部の選手・伊藤清(さや)役の古畑星夏さん。校内でふとしたことから律(佐藤健)と出会い、律にとっては気になる存在の美少女となりました。高校時代の出演はごくわずかでしたが、大学で上京後に律と再会。律と急接近していくといいます。高校時代の清楚な雰囲気からは想像できない“魔性の女”的な要素もあるとのことで、再登場が今から楽しみです。

古畑さんはもともと2009年、少女向けファッション誌『ニコラ』のモデルオーディションでグランプリを獲得したことをきっかけにデビュー。その後『Seventeen』のモデルを経て、現在は『ViVi』のモデルを務めています。

女優としてもドラマ『パパドル!』(2012年、TBS系)を皮切りに、多くのドラマ、映画に出演、2016年ドラマ『時をかける少女』(日本テレビ系)に出演したころから注目され始め、2017年には映画『人狼ゲーム ラヴァーズ』で初主演。そして映画『東京喰種』、『銀魂』、『一週間フレンズ』、ドラマ『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)、『コウノドリ』(TBS系)など出演作が相次ぎ、まさに“ブレイク前夜”という状況です。未来の朝ドラヒロインの本命候補といえるでしょう。

「今までの朝ドラに出てこなかったタイプの”魔性の女”登場で、朝ドラの概念をひっくり返せる存在になれれば」と意気込みのコメントをしている古畑さんです。

 

■アシスタントの同僚役の清野菜名さん、“ウラ”の昼帯に続いて朝ドラのヒロインに期待

そして“大穴”といっては失礼かもしれませんが、もう一人のヒロイン候補が、漫画家・秋風羽織(豊川悦司)のアシスタントで鈴愛の同僚・ 裕子役の清野菜名さん。

清野さんはもともとティーン向けファッション誌『ピチレモン』のモデルオーディションでグランプリに輝き、モデルとしてデビュー。2014年公開の映画『TOKYO TRIBE』のオーディションで園子温監督の目にとまり、ヒロインに抜擢され、翌年公開の映画『東京無国籍少女』で映画初主演し、女優として頭角を現し始めました。

その後は映画『雨女』『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』『パーフェクト・レボリューション』、ドラマ『素敵な選TAXI』(フジテレビ系)、『コウノドリ』(TBS系)などに出演。また朝ドラでは『まれ』スピンオフ・後編『一子の恋~洋一郎25年目の決断~』に出演しています。

これらの実績とキャリア、そして、すでに朝ドラ(再放送)のウラの帯ドラマ『トットちゃん!』(テレビ朝日系、2017年)で主演をしていることもあり、ヒロインは“いまさら⁉︎”というイメージもあるかもしれませんが、実績のある女優がヒロインを務めるケースもあり、満を持して朝ドラ登板も楽しみです。年齢はまだ23歳。前述の奈緒さんとは同学年です。

今回挙げた3人がいずれもモデルからキャリアをスタートしているのも面白いところ。これは今に始まった傾向ではありませんが、今も人気女優へのステップへの一つの道といえそうです。

ほかにも朝ドラ『べっぴんさん』をはじめ多くのNHKドラマに出演し“NHKの秘蔵っ子”と言われる久保田紗友さん、朝ドラ『とと姉ちゃん』でヒロインの妹役で出演した相楽樹さんなど、“ヒロイン有力候補”はまだまだいます。今後の朝ドラヒロインの発表が楽しみでなりません。

文/田中裕幸

関連記事リンク(外部サイト)

桜田ひより、白石聖、今田美桜…4月ドラマでキラッと光るフレッシュ女優たち
GEM、チキパ、アイドルネッサンス…人気グループが次々と解散 2018年前半アイドル界に異変!?
“レコ大”最優秀新人賞 ハロプロで最も勢いのあるグループ「つばきファクトリー 」は2年目で個性が開花か

日本タレント名鑑の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。