体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

交通取締りの覆面パトカーを見破る外見的な特徴

交通取締りの覆面パトカーを見破る外見的な特徴

交通機動隊員が乗り込み、幹線道路などで違反車を狙っているのが交通取り締まり用の覆面パトカーです。現在、最も見かける覆面パトカーがトヨタ・200系クラウン。このほかマークXのほか、最近では210系クラウンも登場しました。交通取締りの覆面パトカーを見破る外見的な特徴を見ていきましょう。

覆面パトカーはグリルに前面警光灯

交通取り締まり用の覆面パトカーの外見的な特徴としては、リアウィンドウ上部に装着してある「ユーロアンテナ」が挙げられます。「ちょんまげ型」とも呼ばれる無線のアンテナは、多くの覆面パトカーの共通装備です。

交通取り締まり用の覆面パトカーには、ルーフの真ん中から電動で出てくる「反転式の赤色灯」があります。そのため、ルーフの真ん中に大きなフタが存在。ただし、運転席の高い大型車からは丸見えですが、乗用車からは一切見えません。

加えて、覆面パトカーはフロントグリル内に2つの「前面警光灯」を隠しており、スピード測定の際はこれを光らせます。正面から光が当たっている状態であれば、非作動時でも確認可能。マークXの場合、前面警光灯はバンパー開口部に設置されています。

覆面パトカーにはエンブレムがない

200系クラウンの場合、一般車ではトランクリッドの右側に貼られている「グレードエンブレム」がないクルマは、覆面パトカーの可能性が極めて大。ただし、これを嫌った現場では「RoyalSaloon」のエンブレムを貼り付ける擬装行為が頻発しているので、エンブレム有りの覆面パトカーも存在します。

なお、210系クラウンからはこれまでの「ロイヤル」ベースから「アスリート」ベースに変更。210系クラウンからはロイヤルに2,500ccまでしか設定がなく、交通取り締まり用のパトカーや覆面パトカには3,500ccの設定のあるアスリートを使用するようになりました。

このため、フロントグリルなど外観上のデザインがかなり攻撃的なデザインとなっています。このほか、ユーロアンテナや反転式の赤色灯、前面警光灯などの交通取り締まり用の覆面パトカーの外見的な特徴は変わりありません。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。