体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

組織の「外から変える」ではなく「中から変わる」―永和システムマネジメント平鍋健児と、LINE横道稔が語る“アジャイル開発”の本質

組織の「外から変える」ではなく「中から変わる」―永和システムマネジメント平鍋健児と、LINE横道稔が語る“アジャイル開発”の本質

「ソフトウェア開発は仕様書通りにさえやればいい」そんなふうに思っていませんか?顧客、企画者、開発者、すべてが一丸となって作り上げることで最高の製品を目指す「アジャイル開発」という手法があります。

人と人とのやりとりに重きを置くことで、製品に、世の中にもっとインパクトが与えられないか。作り手の熱意が漏れない製品開発に挑み続けるアジャイル開発の達人・永和システムマネジメント平鍋健児氏と、LINE株式会社で組織の中から価値の伝播に取り組む横道稔氏が、「アジャイル開発の本質」について語ります。


対談者プロフィール

横道 稔(よこみち・みのる)

LINE株式会社 Delivery Managementチーム

SIer、事業会社を経て、2018年 LINE株式会社入社。Delivery Managementチーム テクニカルプロジェクトマネージャー。エンジニアやエンジニアリングマネージャー、プロダクトオーナーなどのバックグラウンドを活かしながら、開発プロセス改善支援などに従事。リーン・アジャイル好きが高じて、その分野のPodcast「omoiyari.fm」を配信中。

平鍋 健児(ひらなべ・けんじ)

株式会社永和システムマネジメント 代表取締役社長

3次元CAD、リアルタイムシステム、UMLエディタastah*(旧名:JUDE)などの開発を経て、現在は、アジャイル開発を実践するエンジニアであり経営者。初代アジャイルジャパン実行委員長、要求開発アライアンス理事。共著書『アジャイル開発とスクラム ~顧客、技術、経営をつなぐマネジメント~』 ほか翻訳書多数

「こんなに楽しく仕事してもいいんだ」衝撃を受けた平鍋氏との出会い

横道(LINE):平鍋さん、ご無沙汰しております。

平鍋(永和システムマネジメント):ちょうど先日、Facebook上で転職の報告を拝見したばかりですね。プレゼントを贈ったのが記憶に新しいです。

横道:その節は、ありがとうございます(笑)。今年の2月にLINEに転職したばかりなんです。

――お二人はもともと面識があるんですね!どのような経緯で知り合われたのですか?

横道:僕はLINEの前は4年ほど事業会社に、その前は7年ほどSIerに勤めていたんですが、SIer時代の2012年にDevelopers Summitに初めて参加して、そこで平鍋さんのセッションを聴いてとても感銘を受けたんです。そのことがキッカケで、SNSやイベントでお声をかけさせてもらってお知り合いになりました。

LINE株式会社 Delivery Managementチーム 横道 稔氏

平鍋:その時はなんのセッションでしたっけ?

横道:「アジャイル開発の10年と今後を語ろう。」というセッションです。「Innovation Sprint 2011(※)」のちょうど次の年でした。

1 2 3 4 5 6次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。