体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

平原綾香「はじめて聴く人が楽しめるものに」 15周年アルバムに込めた思い

平原綾香「はじめて聴く人が楽しめるものに」 15周年アルバムに込めた思い
J-WAVEで放送中の番組『GROOVE LINE』(ナビゲーター:ピストン西沢)。5月14日(月)のオンエアでは、シンガー・平原綾香さんが登場。15周年を迎える平原さんの11thオリジナルアルバム『Dear Music 〜15th Anniversary Album〜』について訊きました。

■音楽との付き合いは、子どものころから

オンエアでは、まず平原さんの音楽活動歴について伺いました。

西沢:そもそも音楽との付き合いは、子どものときに習ったんですか?
平原:父がサックスプレイヤーで、おじいちゃんがトランペッターだったので、音楽はけっこうそばにありました。全然英才教育でもなかったし、そんなにみんなが想像している感じとは違って。
西沢:この道に進むことを期待されていた?
平原:期待されてなかったです。自分で音楽家になろうと勝手に決めてはじめました。

■体の柔らかさと歌うことの関係性

アルバム『Dear Music 〜15th Anniversary Album〜』のブックレットには、平原さんの過去から現在まで、19歳から34歳までの写真も掲載されています。なかには11年やってきたというバレエの写真も含まれていますが、体の柔らかさの話題から、歌うこと、さらに話すことの神経伝達についての深い話題に……。

西沢:体の柔らかさと歌を歌うことの相関関係はありますか?
平原:体が柔らかいと筋肉も動きやすくなるので、体が使いやすいですよね。あとリンパの流れもよくなるので、リンパが滞ると歌いにくいので、リンパを流して。ストレッチすることが健康につながり、健康=声がよくでる。
西沢:僕もストレッチをトレーナーに習ってやってたんですよ。手を伸ばすとピリピリするじゃないですか?(痛いところまで行って)神経が足りなくなって、ストレッチして伸ばしていくと治るそうですよ。それでどんどん体を柔らかくしていくと、最終的に頭から送った信号が指先にくるスピードが早くなるそうです。
平原:じゃあストレッチすると頭もよくなる?
西沢:頭で考えたことの命令がすごく反応がよくなって。自動車レーサーの場合は、250キロで走ってて100メートルでブレーキを踏むときに、普通の人だと110メートルや95メートルになるのが、プロレーサーは頭で考えたときに足がピッと動くから100メートルで同じ動きをするんです。それは楽器も同じだと思います。あとノドも頭から近いですけど、そういうのが……。
平原:あります、この0.0何秒の間で、歌い方が「こっちのほうがよかった」と変えていく歌い方があるんです。
西沢:それは練習の中で培われていった技術がやたらたくさんあっても引っ張りだしてくる能力がないとね。
平原:だから「聴く力」というのが大事なんでしょうね。
西沢:やっぱり口でしゃべって、歌って、耳で聴いて補正しているという。
平原:そうですね、何かを聴いたときに音に反応して声を出すので、聴く耳がないと音楽は駄目ですね。
西沢:自分が歌っていて、自分の歌なんだけど声が鳴っているんだけど、ほんのちょっと遅れて自分の耳で自分の歌を聴いている自分がいるんでしょうね、たぶん。
平原:そうですね。
西沢:僕もラジオでそうなんですよ。自分でしゃべったことを、自分で聴いて判断している0.01秒あとにもう一人の自分がいるんですよ。そっちがメインなんです。だからしゃべってる自分は、ただしゃべってるほうで、それを統制してるのは0.1秒あとの自分なんですよ。
平原:えーなんか深い、しゃべりもそうなんですね。
西沢:歌もそうなのかと思ったんですけど、偉そうなこといってすいませんね。
平原:いやいや勉強になりました。
西沢:だと思っていったんですけど(笑)。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。