体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【NZの食のトレンド】おいしさの秘密「ファーム・トゥ・テーブル」って?

本格的においしくてヘルシー!NZの食のトレンド!ファーム・トゥ・テーブルって?

ニュージーランドのおいしいものって?

本格的においしくてヘルシー!NZの食のトレンド!ファーム・トゥ・テーブルって?
ニュージーランドはオーストラリアタスマン海を隔てた東に浮かぶ島国。面積は日本の2/3ほどで人口は約1/9の約440万人が住んでいます。

ニュージーランドの食べ物と言えば、キウィフルーツや、最近では日本のスーパーでも手に入るラム肉などが頭に浮かびます。もともとはイギリスの植民地。ですから、典型的な朝食は目玉焼きにソーセージ、焼きトマトにベイクドビーンズだったり、フィッシュアンドチップスや、ラム肉の料理なども一般的です。

そんな保守的ともいえる食文化の国に登場した、「ファーム・トゥ・テーブル」という新しい食のトレンドに注目が集まっています。

ファーム・トゥ・テーブルがコンセプトのリバーストーン・キッチンへ行ってきました。

本格的においしくてヘルシー!NZの食のトレンド!ファーム・トゥ・テーブルって?
11年前にオープンしたリバーストーン・キッチン。ニュージーランドの南島の、クライストチャーチ(ニュージーランド第2の都市)から南に車で3時間、ダニーデン(ニュージーランド第3の都市)からなら北へ2時間、酪農地帯のど真ん中にあります。海も近く、静かで落ち着いた雰囲気です。

本格的においしくてヘルシー!NZの食のトレンド!ファーム・トゥ・テーブルって?
シンプルな建物の裏に回ればテラス席が気持ちよさそうで、さらにその先には農園が広がっています。解放感いっぱい。店内は広くゆったりとした作りで、毎日多くの人が訪れる人気店です。

本格的においしくてヘルシー!NZの食のトレンド!ファーム・トゥ・テーブルって?

採れたての野菜がおいしい!

秋の気配が感じられる4月、シェフでオーナーのビーバンさんにお会いしました。オークランドのレストランでも成功したシェフですが、生まれ育った土地に帰ってこのレストランをオープンしました。まずはこれを食べてみてと、テーブルに運んでくれたのが、秋が旬のイチジクとブルーチーズのサラダ。

本格的においしくてヘルシー!NZの食のトレンド!ファーム・トゥ・テーブルって?
「葉野菜はすべてここの農園で栽培しているし、リンゴやアプリコットの果樹園もある。ラム肉や魚、まだ作っていない野菜はここから20分以内の生産者から手に入れているんだ。」というビーバンさん。

本格的においしくてヘルシー!NZの食のトレンド!ファーム・トゥ・テーブルって?
自家農園には3人の職人がいて、そこに育つものでフレキシブルにメニューを変えるそう。たとえば、イチゴがおいしいのは10月の4週ほど、そのあとはラズベリーに、それからサクランボにといったように、その時の旬のものを使うそうです。

本格的においしくてヘルシー!NZの食のトレンド!ファーム・トゥ・テーブルって?
「大都会なら、あっちこっちの産地から季節にかかわらず材料が送られてくることもあるけど、ここにはそういうシステムはないから、自分たちで作らなければいけないし、地元の農場ともうまくやってるんだよ。」畑にはケールだけでも数種類。試行錯誤して種類を増やしているそうです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。