体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with Soichiro Ito & Ken Kagami & Haruhi Ise about “ITO BANK”

NeoL_soe_KenKagami_HaruhiIse6 NeoL_soe_KenKagami_HaruhiIse | Photography : Midori Nakano

中目黒のギャラリーVOILLDにて、JOHN SOIやsoeを手がける伊藤壮一郎による貯金箱のコレクションを展示した「ITO BANK COLLECTION」が開催中(〜5月20日(日))。幼い頃から積極的に収集を始め、世界中のヴィンテージの貯金箱を中心に独自の興味と繊細な目線で集積された200点以上にも及ぶコレクションから約100点を展示したもので、ただの貯金箱という枠を超え、オブジェとしてはもちろん、作品の背景や時代性までもを考えさせられるような内容となっている。 本展に合わせ、soe とコラボレーションして「お金」をテーマにドローイングを描き下ろした現代美術作家の加賀美健、二人を結びあわせたVOILLDのディレクター/キュレーターである伊勢春日という3名に、「お金」をテーマに鼎談を敢行。アート、ファッションという生業とはどのように成り立っているのか。また、それぞれのお金との付き合い方などを聞いた。

——伊藤さんと加賀美さんは、元々どんな繋がりだったのですか?

伊藤「10年以上前に南(貴之/alpha.co.ltd クリエイティヴ・ディレクター)を介して名刺交換をしました。でもちゃんとお話したのはこの企画の打ち合わせですね」

加賀美「soeというブランドはもちろん知っていましたし、今回お話をいただいて嬉しかったです。僕は野球をやっていたので、2012年のシーズンの野球のユニフォームをモチーフにしたアイテムがめちゃくちゃ印象に残っていて」

——伊藤さんも加賀美さんの作品は以前からご存知だったんですよね。

伊藤「もちろん。加賀美さんの作品は自由に楽しんでいる印象で、真面目にやっている僕らからしたら羨ましい存在なんです。なかなか仕事上で交わるというのは難しいのかなと思っていたのですが、時代が少しずつ変わってきたのもあり、伊勢さんが間に入って実現できたのは嬉しかったです」

伊勢「伊藤さんとお話していたらジョークの効いたものもお好きだとわかったんです。加賀美さんはVOILLDでもよく展示などでご一緒させていただいてただいているのですが、伊藤さんが観にきていただいた時にその作品にも反応されていたり、お二人とも世代が近いという共通点もあって。しかも今回はsoeではなくITO BANKとしての企画なので、交わるタイミングとして面白いかなと提案させていただきました」

加賀美「実は伊藤さんとはご近所さんなのでプライベートでは50回近くお見かけしていたんですよ(笑)。伊藤さんはいつも襟付きのシャツを着ているんですが、それがすごく格好いいんです。疲れているときには夜の水商売の人みたいに見えるのがまた良くて(笑)。それでああいう洗練された服が作れるというギャップがすごいなと思っていました。ギャップって大切じゃないですか。奇抜な格好している人が奇抜な服作ってもなんにも面白くない。僕は作っている人の作品よりもそういうところに惹かれるので、伊藤さんのこともすごく好きです」

伊藤「それ、褒められてます?(笑)」

NeoL_soe_KenKagami_HaruhiIse1| Photography : Midori Nakano

伊勢「お二人ともギャップがありますよ。加賀美さんも作風とお人柄のギャップがあります。きわどい写真とかもアップされるし、多分ハチャメチャな人だと世間では思われているんじゃないですか」

1 2 3 4 5次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。