体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ザムスト『フットクラフト』全2種3タイプを履いて比較! 必ず自分に合うインソールが見つかる!

足の悩みを解決するインソールがザムスト『Footcraft(フットクラフト)』シリーズだ。ラインナップは「STANDARD」「STANDARD CUSHION+」の2種類で、アーチのサイズに合わせてそれぞれ3タイプの計6タイプがある。自分にとって、どのタイプがぴったりマッチするか、実際に履いて検証してみた。

足の負担軽減を追求した2種類のインソール

今回比較するのはザムスト『フットクラフト』シリーズ「STANDARD」「STANDARD CUSHION+」で、それぞれ足のアーチに合わせて作られた「HIGH」「MIDDLE」「LOW」の3タイプがある。

ザムスト「フットクラフト」の「STANDARD」3タイプ

同じく「STANDARD CUSHION+」の3タイプ

「フットクラフト」の「STANDARD」は足の裏やふくらはぎ、スネへの負担を軽減するインソール。足の自然な動き「ウィンドラス現象」の仕組みを用いて設計されており、足裏のアーチなどのアライメントを適切にサポートする。足の傾きを負荷が少ないニュートラルな状態へと導き、負担を軽減してトラブル対策として活用できるインソールなのだ。

しかも「コアスタビライザー」と「フレキシブルホルダー」が段階的にサポートしてくれるため、かかとのグラつきを抑え、高い安定性とアーチの動きに追従。しなやかな足のサポートを両立している。

一方「STANDARD CUSHION+」は「STANDARD」にクッション性をプラスした商品で、かかとやアキレス腱まわりの負担も軽減してくれるインソール。「STANDARD」の機能をそのままに、優れた衝撃吸収性を持つ「エバーライトZULEN」をプラスしている。このクッションにより着地時の前足部、かかとの負担を軽減してくれる。

 

 

自宅でも簡単に自分のアーチタイプが判別できる!

それでは実際に、全6タイプの「フットクラフト」を履き比べてみよう。まずはシューズの中敷きと交換する前に、6タイプの「フットクラフト」を床に置いて、乗って感触を確かめてみる。記者の個人的な好みとしては「STANDARD CUSHION+」の「HIGH」タイプがいちばんフカフカしていて良いのではないかという印象を受けた。

 

そこで、メーカーが推奨するアーチタイプの選び方を実践してみる。

まず新聞紙を広げ、水で濡らしてよく絞ったハンカチやハンドタオルを置く。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。