体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「メンタルを整える食事」を栄養コーチが伝授 

「メンタルを整える食事」を栄養コーチが伝授 
J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。5月15日(火)のオンエアでは、プロアスリート栄養コーチの川端理香さんに、メンタルを整える食事を紹介してもらいました。

川端さんは、Jリーグのクラブチームやオリンピック金メダリスト、プロゴルファーやプロ野球選手など、数々のトップアスリートの栄養サポートをおこなっています。

オンエアでは、川端さんにメンタルを整える食事について教えていただきました。

別所:メンタルケアに欠かせない要素で、梅雨の時期や曇りや雨が続く日に取り入れたいものはなんでしょうか?
川端:ビタミンDです。実は食べなくても人間は太陽に当たるとビタミンDを作ることができます。でも、雨や曇りの日や、日焼け止めを塗っている場合はビタミンDが作れなくなりますし、ビタミンDを摂らないとメンタルが落ちてやる気が出なくなります。雨の日に体が動かないとか気分が落ち込む人は、特にビタミンDをしっかり摂ることによって体が整いやすいです。

ビタミンDを多く含む食材は、鮭や卵、しらすやキノコなど。

別所:特にビタミンDが多く含まれる食材はなんですか?
川端:キノコの場合だとキクラゲです。
別所:じゃあ、中華料理のキクラゲと卵の炒め物はいいですか?
川端:そうですね。他にも八宝菜とかもいいですね。中華はビタミンDを摂るにはすごく効率がいいんです。中華って油で炒めますよね。炒めるとビタミンDの吸収がさらに上がるんです。

他にも、生のシイタケを太陽の下に10分程度置くことによってビタミンDが増えるとのこと。また、メンタルを整える食事として、腸内細菌を意識することも大事な要素だと川端さんはいいます。

川端:ストレスを抱えたり、便秘や下痢だと腸内環境が悪くなりやすく、そうなると人間の考えや行動も変わってくるといわれています。だから腸内環境を整えることが大事です。
別所:腸内環境を整えるにはどうすればよいのでしょうか?
川端:発酵食品などの乳酸菌を含むもの(プロバイオティクス)を摂ることが大事です。

川端さんによると、プロバイオティクスを含む食材として、納豆、漬物、キムチ、梅干し、しょうゆ、味噌、ヨーグルトなどがあるとのこと。効果を上げるポイントとして、「少しずつでもいいから継続的に摂ることが大事」だと教えてくれました。

もうすぐ梅雨の季節。これからの食事の参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。