体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現在最多勝ドライバー・高木真一に直撃 「誰と走っているかによってレースを変える」

現在最多勝ドライバー・高木真一に直撃 「誰と走っているかによってレースを変える」
J-WAVEで放送中の番組『BRIDGESTONE DRIVE TO THE FUTURE』(ナビゲーター:ピストン西沢・松嶋初音)。5月13日(日)のオンエアでは、「SUPER GT 2018」第2戦、GT300クラスで優勝したドライバーの高木真一さんをゲストにお迎えしました。

1997、8年頃にGTデビュー、20年以上のキャリアを持つ高木さん。まずはレーシングドライバーになった理由とGTでのキャリアについて訊きました。

高木:兄がいて、先に車の免許を取るじゃないですか。山口県出身なんですけど、当時あったMINEサーキット(現在マツダのテストコース)が近かったので、兄に連れて行ってもらって鈴木亜久里さんが走っているグループAとかをしがみついて見ていたんですよ。今や監督ですけど。
西沢:ARTAのチームに在籍してからも長いですよね?
高木:18年目になりますかね。GTレースほとんどレースさせてもらっています。
西沢:今、最多勝になったそうで。GT何勝ですか?
高木:19勝かな? 新田守男と同点みたいなことを言われて。「僕の師匠、新田守男選手が悲しむのでもうこれ以上優勝できません」と言っていたにも関わらず、今回やっちまいました(笑)。

西沢は「レースというのは人間のスポーツ。機械のスポーツと思われているけれど、人間vs人間の要素が大きい」と語ります。1スティント1時間前後運転し続けるGTレースの場合、ドライバー同士の性格もレースの大きな要素になるとか。

高木:長年やっているんで「この人だと安全だな」とか「危ないから締める所は締めておかないと」とか人によって違います。人というよりは争っているライバルがどんどん変わっていくと、そのライバルに合わせてラインを変えたり、レースも合わせないといけない。
西沢:誰が乗っているかは無線とかで聞いているの?
高木:もちろん聞いてますし、GTだと赤と青のLEDのランプがあるので、Aドライバー、Bドライバーはわかるので。
西沢:グリット表をみて、どの人か覚えているんだ。
高木:ある程度はチェックして戦う感じですね。

またこんな苦労もあるそうです。

高木:GT500とGT300、500馬力と300馬力の車が一緒に走るレースは、500の車が後ろからどんどん来る。それがどっちから抜いてくるかをバックミラーで常にみてないといけないし、特にARTAは500と300が一緒に出ているので、もう一台の500の車が来たら、必要以上に避けないと、気をつかうので。
西沢:同士討ちはないの、今まで?
高木:今まではないですね、さすがに(笑)。一回やってもいいかと思いますけど、亜久里さんが怒ると思います(笑)。

スーパーGTでは勝つと「ウェイト」と呼ばれるおもりが積まれるルールとなっているそうです。

西沢:重くなると車はどうなるんですか?
高木:まずロールが増えるのでタイヤに負担がかかってしまうんですよね。ブレーキにも負担がかかります。
西沢:ブレーキ競争になると負けるね。それに伴ってコーナーから曲がって出てくるスピードも落ちるから、まっすぐも遅くなるよね。
高木:なんにもよくないですよ。ポイントにつき2キロ積むので、減ることはないです。ただ最終戦の前に半分になります。たとえば50キロだとしたら、最終戦のひとつ前のレースは25キロ、最終戦は0キロになります。
西沢:ということでいくと、最初のうちに速かった車というのが最後のほうも速いんだよ。途中の3〜6戦くらいはつらいけど、最後の2戦くらいは、そもそもの速い車が良くなってくる。シーズンを通していくと、1、2戦目でトップ3にいる車じゃないとシーズンは勝てない。

オンエアでは他にも、500クラスの荒々しい外国人ドライバーを抜かせる技術やレース戦略についてなど、ドライバーならではの視点からみたGTレースのお話を伺いました。シーズン序盤で勝利し、シリーズチャンピオンを目指す高木さん。今後のレースにも注目です!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『BRIDGESTONE DRIVE TO THE FUTURE』
放送日時:日曜 19時−19時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/drivetothefuture/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。