体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“世界一安いミシュランレストラン”が東京初上陸!

“世界一安いミシュランレストラン”が東京初上陸!
J-WAVEで放送中の番組『ACROSS THE SKY』(ナビゲーター:玄理)のワンコーナー「TOKYO TREASURE」。5月13日(日)のオンエアでは、東京ガイド『Time Out Tokyo』がおすすめする、5月の東京の最新トレンドを紹介しました。

 
■「世界一安いミシュランレストラン」が日比谷シャンテに!

『Time Out Tokyo』の運営会社・タイムアウト東京株式会社の副社長である東谷彰子さんがおすすめしたのは、「添好運(ティム・ホー・ワン)」です。4月上旬に日比谷シャンテにオープンしたばかりの「添好運」は、「世界一安いミシュランレストラン」として知られており、香港から東京に初上陸しました。「Time Out Tokyo」英語版のアクセスランキングで、いきなりトップ10入りを果たし、一品700円をきる低価格で、おいしい料理が楽しめます。

東谷さんは、『Time Out Tokyo』の香港編集部で働いていたエディターと一緒に、香港の店と味が変わらないかどうか、偵察に行ったそう。味に違いがなく、おいしかったと話します。

■特大ハンバーガー、上陸!

続いて紹介したのは、渋谷「FATBURGER(ファットバーガー)」。4月にオープンしたばかりの、ロサンゼルス発の大人気ハンバーガーショップです。パテが6枚も挟まった「USキングバーガー」は690グラム、2560円(税別)。玄理は、写真を見て思わず「私がこれを食べたら、3日ぐらいご飯いらない!」と驚愕しました。

ちなみに「FATBURGER」の「FAT」は、「F=fresh(新鮮)」、「A=authentic(本物)」、「T=tasty(おいしい)」の頭文字から名付けられています。

日本人向けに味を変えたり、量を控えるということはなく、本場そのままのものが上陸しています。

■中野も人気

オランダ出身の英語ライター、カースティ・バアーズさんにも、海外に発信したい東京の魅力を教えていただきました。外国人観光客は、一般的な観光スポットだけではなく、ディープな日本が好きという人も多く、中野のような、外国人があまりいない場所も人気だと言います。

カースティさんが紹介したのは、「中野ブロードウェイ」地下1階にある「デイリーチコ」。8段あるレインボーソフトクリームは、“インスタ映え”することでも人気です。

そのほか、ラーメンやつけ麺も人気ということで、カースティさんは中野にある「菜華」を挙げ、「辛味噌で、魚ベースのスープがおいしい」とおすすめしました。

気になった方は、ぜひチェックしてみてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『ACROSS THE SKY』
放送日時:日曜 9時−12時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/acrossthesky/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。