体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新メッセージサービス「+メッセージ」が提供開始、Androidアプリもリリース

NTT ドコモ、KDDI、ソフトバンクは、5 月 9 日より従来の SMS(ショートメッセージ)に代わるアタタなメッセージサービス「+ メッセージ」を開始しました。
「+ メッセージ」は、国際標準 RCS サービスを利用した次世代のメッセージサービスで、キャリア間で電話番号を宛先に、従来の SMS よりも長い文章を送信できる他、写真や動画、音声メッセージも送受信可能。
グループ機能も利用できます。
サービスを利用するには各キャリアの公式サイト等で配信している専用アプリを個別にインストールして使用できる状態にします。
アプリの入手先NTT ドコモhttps://www.nttdocomo.co.jp/service/plus_message/index.htmlKDDIhttps://www.au.com/mobile/service/plus-message/ソフトバンクhttps://www.softbank.jp/mobile/service/plus-message/アプリそのものは SMS の進化形となっているだけで使い方は SMS のアプリと大差ありませんが、「+ メッセージ」のアプリは従来の「Android メッセージ」等とは異なり、メイン画面は連絡先とやり取りのリストに分割して表示され、メッセージ作成ボタンにはグループ送信用のボタンもあるなど、より便利になっています。
現時点で RCS サービスを利用するには、「+メッセージ」が必要となっており、このアプリをインストールしている端末は「+メッセージのユーザー」として SMS ユーザーとは別に管理さされます。
Android メッセージはまだ国内キャリアの RCS サービスには対応していないので、送受信できるのは SMS のみです。
「+ メッセージ」では細かい部分でも SMS と異なり、送信したメッセージが読まれる時毒マークが付き、企業等から送られる確認メッセージや認証コードのメッセージは返信できないように表示内容が変わります。
もちろん、相手が RCS サービスに対応していない場合には従来の SMS を送信します。

■関連記事
シャープ、海外向け18:9スマホを2機種開発
Googleフォトにカラーポップが追加
OnePlus、OnePlus 6のマーベルコラボモデル「Avengers Edition」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。