体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アジアでリモートワークしやすい場所1位はベトナムのあそこ…!!

毎日の通勤を辞めたい人:いまはオフィス勤務の仕事をしているけど、今後は海外を転々と移動しながら仕事をする方法を探している。海外で初めてリモートワークするならどこがいいのだろうか。

という疑問にお答えします。

 

この記事を読むと得られること

・リモートワークしたい場所が見つかる
・海外リモートワークならではのメリットやトラブルが分かる

この記事を書いている僕は、株式会社TABIPPOの創業メンバーとして、4年間リモートワークをしながら働いています。渋谷に本社があるので、もちろん出社しても良いのですが、出社しなくても構わない、そんな会社です。

TABIPPOを立ち上げてから、30ヶ国でリモートワークをしてきました。中でも、フィリピンでのエンジニア留学、アメリカ横断する編集部など、大きな企画を進めながらのリモートワークを経験できたことは、とても価値がありました。

今回は日本との時差が少なく、リモートワークが容易なアジアからオススメの都市を3つご紹介します。なお、この記事は旅人たちのシェアハウス #えいとびたー の連載の1つです。他の記事も一緒に読むと、より今回の記事が楽しくなる仕掛けがあります。

 

海外リモートワークしやすい都市アジアの第一位はダナン(ベトナム)

ダナン

リモートワークするならベトナム中部のリゾート都市「ダナン」で決まりです。リモートワークに必要なものって、実はこの3つです。

・快適な個室
・安定したインターネット
・適度な刺激

 

ダナンのホテル

ダナンは物価が安いので、バスタブ付き、ダブルベッドのシングルも3000円〜で泊まることができます。リゾート都市ではありますが、実はまだ開発中のインフラやホテルが多く、物価が上がって来るのはこれから。物価は安いのに、設備は最新という穴場になっています。

 

ダナン

街中にはカフェがあり、WiFiが速い!Speedtestというネットスピードを測るアプリで試したところ、ダウンロードで24Mbps、アップロードで36Mbpsでしたので、一般的な仕事をするには十分でした。(動画をダウンロード、アップロードするには、少し足りないかもしれません)

また、アジアの国々でありがちなWiFiのスピードにムラがあって、時々繋がらなくなるということもありませんでした。ちなみに、カフェも新しいものが並び、洗練されていました。

 

バインミー

早朝はビーチでサーフィンをして、朝ごはんを食べてちょっと寝る。昼前に起きて仕事に取りかかる。お昼ご飯は近くでバインミーを買って、夜になったら蒸し暑いダナンの街をふらっと歩いて、気になっていたフォー屋さんに入る。

そんな生活ができる、ダナンでのリモートワークがアジアでは最もよかったです。ちなみに、アジアに限らない場合、No.1のリモートワーク都市はオーストラリアのゴールドコーストです。

 

海外リモートワークしやすい都市アジアの第二位はセブ島(フィリピン)

セブ島
1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。