体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィリピン留学経験者12人の留学中の1日を振り返る

フィリピン留学経験者12人の留学中の1日を振り返る

フィリピン留学に行くとしたら、一体どんな1日を過ごすのだろう?どのくらい授業を受けられるのだろう?今回は、フィリピン留学経験者12人に、留学中の1日のスケジュールについて聞きました。

*編集部追記
2015年12月の記事に、2017年-2018年の情報を新たに追加しました(2018年5月)

 

前田塁のフィリピン留学中の1日を振り返る

フィリピン留学経験者12人の留学中の1日を振り返る

ルイス前田

世界一周中に出会った友人と旅人を増やす会社を起業して4期目。40ヶ国訪問、世界二周して、ワークライフカオスに生きてます。Webメディアの運用と開発が得意な賢者型編集長で、次の夢は宇宙飛行士です。フィリピン留学は2017年の4月から6月までNexSeedでエンジニアコースを受講していました。

 

フィリピン留学した学校:NexSeed

起床:7:30

毎朝7時半に起きて、身だしなみを整えて、朝ごはんを寮で食べてから学校が用意してくれるスクールバスに乗って登校していました。

午前:8:45-12:00

午前中はエンジニアの授業で、休憩を挟みながら進みます。留学の後期は卒業制作(Webサービス)の開発に重点が置かれていたので、授業ではなく開発&先生に質問ができる時間になります。

午後:13:00-16:00

午後は英語の授業です。英語のレベルや学習の目的によってクラスの種類は変わりますが、マンツーマンレッスンで3コマありました。

放課後:17:00-23:00

放課後はエンジニア授業の復習と宿題に当てていました。クラスメートでカフェに集まって、相談しながら宿題を進めてそのまま食事も取ることが多かったです。または、早めの食事を各自取ってからカフェか部屋に集合。

就寝:24:00

24時には寝れるようにしていましたが、開発が佳境に入った時期は24時回ることもしばしば。ただし、授業を休むと一気に追いつけなくなりそうだったので、健康には気を遣っていました。

 

嵯城大輝のフィリピン留学中の1日を振り返る

フィリピン留学経験者12人の留学中の1日を振り返る

嵯城大輝

2017年3月にロサンゼルスの親戚の家に滞在したことをきっかけに世界の仕事の仕方に興味を持つ。世界一周という選択肢が浮上し、翌月からの世界一周ゼミ第6期に参加。1年間かけて親を説得し、2018年3月より世界一周に出発。フィリピン留学は2018年3月から4月にかけて5週間いました。

 

フィリピ留学した学校:PALETTE SCHOOL

起床:6:00

朝6時から朝食が提供され始める7時まで食堂で自習をしていました。

午前:8:30-12:30

午前中は50分授業が4コマあるうち2コマが休みだったので、空いている時間は自習をしていました。午前の授業はマンツーマンレッスンです。

午後:13:30-17:20

午後は4コマあるうち3コマがマンツーマンレッスンで1つがグループレッスンになっていました。

放課後:17:20-23:00

放課後は自習することを心がけていましたが、時には街に外食に行く、運動するなどの時間にもなっていました。また金曜日の最終授業に行われる学校全体でのアクティビティの準備をする時間にもなりました。

就寝:23:30

日付が変わる前に寝るようにしないと次の日の授業に疲労が持ち越してしまうのでその点は気を付けていました。

 

小林由知のフィリピン留学中の1日を振り返る

フィリピン留学経験者12人の留学中の1日を振り返る
1 2 3 4 5次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。