体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

心と体を癒す、ゆとり時間をつくるためのコツ5選

心と体を癒す、ゆとり時間をつくるためのコツ5選
ゴールデンウィークも明けて、新生活の疲れが出やすい5月。ゆっくりする自分の時間がほしいなあと思っても、仕事に家のことにと、慌ただしく過ごす毎日でせいいっぱいになりがちですよね。

気分転換に外出したくても、疲れとやるべきことがのしかかってきて、ついダラダラと過ごしてしまう。そんなあなたに伝えたいこと。

サーモスが開催したトークイベント、プロジェクトマネジメントのプロの米澤創一さん(慶應義塾大学大学院特別招聘教授)と料理研究家の田内しょうこさんのお話から、ゆとり時間を生み出すコツが学べそうですよ。

ストレスをためないためのタスクリストって?

心と体を癒す、ゆとり時間をつくるためのコツ5選
ゆとり時間をつくるためには、まず、やるべきことをリストアップすることが大事だと田内さんはいいます。

いやいや、そのタスクリストが心にプレッシャーを与えるんです、そう思った人、きっといるはず。でも、やるべきことを実際に書き出してみると、案外「これだけ?」ということもありますし、はっきりと目に見えるかたちにすることで不安やストレスは軽減されることも多いもの。

心と体を癒す、ゆとり時間をつくるためのコツ5選
「考えながらやる事はストレスがかかるため、目で見て一つずつ確認する事と、その中で自分が出来ること、できない事の優先順位を決めること。やらなくっちゃ!こんなにある!という気持ちを捨てて、具体的何があるのかイメージする事。ひとつひとつ小さい事をばらして考えると大したことじゃないことが多いため、それを順番に目で確認しながら自分で潰していくことが、結果的に早い事に繋がる。自分のルーティーンを作ることが大事」(田内さん談)

心を重くしている「いろいろ」を具体的な「ひとつひとつ」にすることが、実はストレスをためないコツなんですね。

タスクリストを仕分けする

心と体を癒す、ゆとり時間をつくるためのコツ5選
さらに、リストアップしたタスクリストを、仕分けすることも有効。リストの中には実は、簡単に片付いてしまう楽なこともあるはずです。そうした楽なタスクは先に片付けてリストを減らす、“ながら作業”で片付けてしまうなどの工夫もできそう。

手続きや連絡ごと、調べること、考えることなど、種類ごとにまとめてやってしまうのも手。特に、得意なことは先にまとめてやってしまいましょう。

記録をとることが、無駄な時間を減らす

心と体を癒す、ゆとり時間をつくるためのコツ5選
何にどれくらいの時間がかかるかを記録する。「それこそ面倒」、そんな声がきこえてきそうです。

しかし、どれくらい時間がかかるかわからなくて不安になったり、実際にかかる以上の時間とプレッシャーを見積もってしまったりしていませんか?

米澤さんは、「記録を取ることによって、無駄な時間が減らせると思っている。自分がどういう生活をしているかを正確に知ることが大事。自分が捨てている時間を見つけて捨てなくするだけで結構時間が見つかることがある。自分が捨てている時間が何かを知ることが重要なスタートポイントだと思う」と教えてくれました。

どれくらいの時間が必要か常に意識することで、今まではついスマホなどを眺めていた隙間時間を、もっと上手に使えるようになりそうですね。

一日のうちで、自分が一番元気な時間を知る

心と体を癒す、ゆとり時間をつくるためのコツ5選
あなたが一番元気になる時間って、一日のうちのいつでしょうか。そう聞かれると案外わからない、意識したことがない、という人も多いのでは?

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。