体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with SANABAGUN. about “OCTAVE”

NeoL_SANABAGUN2 | Photography : Takuya Nagata

すでにリリースされているSANABAGUN.のニューアルバム『OCTAVE』を聴いただろうか? とにかく最高なので、未聴の方は今すぐチェックしてほしい。昨年9月にベースの小杉隼太が脱退。間違いなく、日本のバンドシーンにおいて今もっとも高いスキルと独創的なプレイスタイルを誇るベーシストである小杉が抜けた影響は言うまでもなく大きかったが、しかし、その穴を埋めた新メンバーの大林亮三が持っている濃厚なファンクネスが本作のダイナミズムにおいて大きな役割を担っている。そして、結果的にこの怖さ、この色気、この面白さ、そして、それらを包括したすごみこそが、SANABAGUN.のヒップホップ及びエンターテインメント精神であることを、本作はまざまざと提示している。残念ながらキーボードの櫻打泰平は参加できなかったが、7人のメンバーがインタビューとフォトセッションに応じてくれた。

──『OCTAVE』のリリースおめでとうございます。こんなサナバのアルバムを待っていたというリスナーが数多いると思います。リリース後の手応えも含めて、まずは一人ずつ語っていただけたら。

岩間俊樹(MC)「言ってもらったように、みんなが期待しているサナバのアルバムというものにバンドとして応えられたなと思っていて。でも、同時にここで安心してはいけないという思いもあります。期待してくれていた人たちをさらに盛り上げたいなと。ワクワクする次のアクションを起こしたいというのが今の気持ちっすね」

谷本大河(Sax.)「このアルバムを作って思ったのは、いろんなことに恵まれたというか。わりとタイトなスケジュールでアルバムを作り始めたので、危うい面もあったんです。でも、ミックスエンジニアに同世代の佐藤慎太郎を迎えたこともそうだし、みんなで合宿に入って作ったこともそうだし、自分たちが自信を持ってアルバムを作れたことも恵まれていたなと思うんですよね。そういうアルバムをリリースしたら、やっぱり聴いてくれた人たちの反応もいいので。ちゃんとリスナーと繋がった状態で作れたと思うし、間違いなく思い出深いアルバムになったと思います」

隅垣元佐(Gt.)「亮三くんに新しくメンバーに入っていただいて」

高岩遼(Vo)「いただいて(笑)」

隅垣「(笑)。で、黒盤(2014年8月にリリースしたインディーズ盤『Son of a Gun』)を作ったときの高揚感みたいなものをこのアルバムを作ってる段階から感じていて。それを上手く作品に収められたんじゃないかと僕は思ってます」

NeoL_SANABAGUN3 | Photography : Takuya Nagata NeoL_SANABAGUN4 | Photography : Takuya Nagata NeoL_SANABAGUN5  | Photography : Takuya Nagata

──やっぱり対黒盤を意識するところはあった?

隅垣「黒盤を超えたいという思いはありましたね」

澤村一平(Dr.)「個人的には今までのレコーディングの経験を活かして、自分がサナバでこういう音楽を作りたいと思うアルバムにやっと近づけたなと。音源ならではのよさを出す作り方が見えてきたなって」

大林亮三(Ba.)「自分は今回が初めてのサナバのレコーディングだったので、前作との比較はできないんですけど、サナバに誘われたときから、一平にあれやりたい、これやりたいと話していて。しかもみんなとしっかりセンスを共有できて、すごくやりがいのある制作でした。でも、まだまだやりたいことがいっぱいあって、このアルバムをスタートによりやりたいことに挑戦できるような気持ちを持っていけたらと思ってます」

──亮三くんはサナバに加入したときに一平くんにどういうことをやりたいって言ってたんですか?

大林「個人的にブラジルとヒップホップを合わしたのをやりたいなーと以前から思っていて、サナバに入るってなったときにメンバーはスキルフルだし、リベラル(岩間)と(高岩)遼の2MCの感じと合うなと思ったんです。それを僕の歓迎会のときからみんなに言っていたんですけど、みんなから『どんなネタを投げてきても受け止めるよ』って言ってもらえたんです。だから、思いついたアイデアをおもいきり出せましたね」

──亮三くんが入ったことでサウンドのファンク感がグッと増しましたよね。それは自覚的ですよね?

大林「自覚してますね(笑)。せっかくサナバに加入したからには自分の色を出したいと思って。今まで自分が経験した制作と違って、一つのアイデアを出したら『こんなふうに返ってくるんだ!?』という驚きがあって。それが何より新鮮でしたね。だから、アルバムの制作が始まったときからテンションが上がりっぱなしで。自分のプレイスタイルは隼太くん(前ベースの小杉隼太)と似ているようで違うと自覚していて、その面はすごく出したいなと思ってたんです」

NeoL_SANABAGUN6  | Photography : Takuya Nagata NeoL_SANABAGUN7  | Photography : Takuya Nagata
1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。